Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 蒼井上鷹 > 【最初に探偵が死んだ】 蒼井上鷹

【最初に探偵が死んだ】 蒼井上鷹

 13, 2013

◆◇◆すべてがGになる!?◆◇◆

蒼井上鷹シリーズ外
長編
実業之日本社 2008.11
  実業之日本社文庫 2011.8


■あらすじ

作家・星野万丈の莫大な遺産を受け継いだ内野宗也は、四人の養子に遺産相続の権利を与えていた。ところが、新たな養子候補が現われたことから不穏な動きが。内野の依頼を受けて、一族が集う雪の山荘に向った名探偵・笛木日出男だが、何者かにいきなり殺されてしまう。残された一族の運命、そして遺産は誰の手に!? 奇妙な展開、でも謎解きは本格派の長編ミステリー!
(実業之日本社文庫より)

■感想
テーマ読み「探偵」トップバッターは、【最初に探偵が死んだ】です。
ええっ!探偵がテーマなのに、いきなり死んじゃいます?どうするんだ。責任者出てこーい!(笑)

全く奇妙なミステリです。
タイトルの通り、本当に最初に探偵が死んで─殺されて─しまいます。
その探偵─笛木日出男は名探偵として名高い人物でした。
多少性格に難ありのようですが(^^;) ま、名探偵はえてして偏屈者が多いですからね。
プロローグでは笛木の名探偵ぶりがさらりと語られます。
内心面白くないと思っているのが灰浦警部補。

この屈辱は、いつか必ずお返ししてやる。それも倍返しで──。

ここで「倍返し」が出たのにはウケた(^▽^)流行先取りじゃないですか~

内野宗也の依頼を受け(実は1961年もののロマネ・コンティに釣られたw)、
内野家の家族が一週間過ごすという雪山の山荘にやってきた笛木だが、
突然何者かに襲われて殺されてしまう──。

探偵がいなくなったら物語はどうなっちゃうの??と思っていたら、
とんでもないアクロバティックな展開が待っていました!
なんと笛木は幽霊(作中ではGHOSTの頭文字を取ってGと呼ぶ)として復活するのです!
といっても生者にはGの姿は見えないし、声も聞こえない。
Gは物をつかむことが出来ないので、ポルターガイストなんてもってのほか。
さらにGは壁や床をすり抜けることは出来るけれど、ある一定の空間から外へは出られない。
でもG同士なら会話もできるし、身体に触れることも出来る。

物語は登場人物による多視点で語られますが、唯一一人称視点で語られるのが内野家の二男・健二。
健二は内野家の中では唯一まともだと思っていたので、早々とGになってしまったのにはショックでしたね。
とにかく内野家の面々はろくな奴がいない。
長男の冬樹はアル中のロリコン趣味だし、三男の満はお調子者のヒモ男。
長女の照美はどうやらクスリをやっているらしい。
でも健二も実はあぶない奴だと後々分かるのですが・・・。

早々とGになった健二は笛木の助手となって自分たちを殺した犯人を突き止めようとするのですが、
いかんせん行動範囲の限られた地縛霊であるため、なかなか思うような捜査が出来ない。
こういった設定がなんとも可笑しさを誘いますね
一応殺人事件が起きているのですけど、この軽さはなんだろう?(^^;)

そうこうしているうちにも次々起きる殺人事件。
これだとGになった人物から誰に殺されたか聞けば終わりになってしまいますが、
もちろんそんな単純ではない。
Gになるにはある条件が必要で、死んだ人間がすべてGになる訳ではないのです。
読みながら乾くるみ氏のある作品を思い浮かべたのですが、G大集合とはならなかったですね(^^;)

しかし殺害動機は到底納得できるものではなかったです。
そんな理由でちゃんと確認せずに次々と・・・。
思い込みの激しい犯人のようで、なんとも恐ろしい
これは物事を四角四面に捉えずに設定の突飛さを楽しむ作品なのでしょう。

終盤に意外な真相が明らかになりますので、最後まで気を抜かないように!
ただコミカルな内容だったのに、ラストがあっけなかったのがちょっと残念です。

■評価(5個が最高:★は1点、☆は0.5点)

 ◆トリック度267267267
◆冷や汗度404404
◆満足度★★★☆

■こんな方におすすめ!

  • コメディが好きな方
  • 一味違ったミステリをお探しの方

◆テーマ読み「探偵」◆
テーマ読み「探偵」

スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:蒼井上鷹

COMMENT 4

Fri
2013.11.15
20:17

miroku

URL

始まりましたね

最初に意表を衝く作品を持ってきましたね。
ちょっと変わったミステリーみたいですね。
バカミスっぽい感じも窺えます。
私も次は幽霊探偵です♪

Edit | Reply | 
Fri
2013.11.15
23:42

翠香

URL

mirokuさんへ

タイトルに「最初に」とあるので、1冊目に決定しました。
探偵が死んでしまってどうなるのか、次回以降をお楽しみに♪

しかし今回のテーマ読み、探偵がテーマなのに
幽霊だの妖怪だの・・・オカルトかい!って感じですね(^^;)
あんまりそっち方面ばかり選ばないで欲しいな~

Edit | Reply | 
Sat
2013.11.23
16:29

mokko

URL

w(゚o゚)w オオー!

いきなりトップギアが入ったかのようなスタート作品!
最初に探偵が殺される!って、どういうことかと思ったら
Gですか?( ´艸`)しかも自縛霊って( ´艸`)
面白そう(^◇^;)
しかも倍返しですかぁ~
本当に先端をいってる作品ですねぇ
重いのを読んだ後にでも、楽しく読めそうです♪

Edit | Reply | 
Sat
2013.11.23
23:49

翠香

URL

mokkoさんへ

私も探偵が死んでしまったらどうなるのかと思っていたのですが、
まさかGとはね(^^;)
あ、自縛霊じゃなくて地縛霊ね。ある範囲から外に出られないのです(笑)
何だかとぼけた味のある作品ですが、
一応はクリスティの「そして誰もいなくなった」のオマージュみたいですよ。

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?