Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 霧舎巧 > 【名探偵はもういない】 霧舎巧

【名探偵はもういない】 霧舎巧

 18, 2013

◆◇◆恋は盲目◆◇◆

霧舎巧シリーズ外
長編
原書房 2002.2
  講談社ノベルス 2006.4
  講談社文庫 2009.4


■あらすじ

もうすぐ小学4年生の敬二少年は義兄の木岬研吾と共にドライブ旅行に出かけるが、雪崩に道路をふさがれ近くのペンションに泊まることに。その雪の山荘で起きる連続怪死事件の謎を「名探偵」が解き明かす、本格推理の決定版。真相への手がかりはすべて提示される「読者への挑戦状」付き。あなたは犯人に到達できる?
(講談社ノベルスより)

■感想
テーマ読み「探偵」2番手は、【名探偵はもういない】です。
死んでしまった探偵は名探偵として名高い人物だった。そう名探偵はもういないのです。ぐっすん。

長らく積読していた(6,7年ぐらい?)作品。続編の【名探偵はどこにいる】が前作だと勘違いしていまして
(タイトルから「どこにいる」→「もういない」の流れだと思ったのですよね^^;)、放置状態に・・・。
ようやく日の目を見てよかったです(笑)
ちなみに私が持っているのはノベルス版なのですが、
表紙に靴型の型押しがされていてなかなか凝ってますね(^^)

さてテーマ読み1冊目で探偵が死に、本作では「もういない」ときた。
また探偵が死ぬパターンか?と思いますよね。
さらに登場人物紹介欄は空白になっていて、

※ある事情があって、ここに登場人物の名を列記することが出来ません。読者のみなさんが、この作品を読みながら、表を完成させてください。

なんて書いてあります。これは何か騙しがあるなと用心して読み始めました。

木岬研吾は自称犯罪学者。
義弟を連れて栃木県の山奥にドライブ旅行に出かけたところ、雪崩の為道が塞がれ、
近くにあるペンションすずかけに宿泊することに。
ペンションのオーナー・鈴影さゆみとは5年前、ある事故をきっかけに知り合っていた。
木岬とさゆみはほどなく恋に落ちる。
木岬はさゆみとの約束で犯罪学者を辞め、探偵になろうとするのだが・・・。

中盤までは木岬は他の宿泊客の不穏な空気を察知して鋭い推理を見せていたのですが・・・
とんでもないことが起きます。やっぱり探偵が死んでしまう!ショック
でもさらに驚いたのは世界的に有名な名探偵が現れたこと。なんだ名探偵いるじゃないですか~
でも安心するのはまだ早い
この名探偵が現れたせいなのか、「読者への挑戦」が挿入されています。
しばらく考えてみたけれど、残念ながら犯人は当てられず・・・
挑戦を受けたい方はペンションの見取り図をよく見た方がいいですよ。この建物の特徴を頭に入れておきましょう。

随分とっ散らかった印象でしたが、意外によくまとまっていますね。
でも確かに騙しはあったのですが、登場人物紹介を伏せるほどではなかったかな。
それにしても死んだ強欲婆以外は誰も悪人がいなかったのですよね。(小悪人ぐらいはいたけど^^;)
それなのにこんな悲劇を生んでしまうとは・・・
恋は盲目とはよく言ったもので、木岬がちょっと愚かでなんだか切ない。

なお【名探偵はどこにいる】は本作で登場した何人かが再登場するようです。
《あかずの扉》研究会シリーズともつながりがあるようなので、チェックしたいですね(^^)

■評価(5個が最高:★は1点、☆は0.5点)

 ◆トリック度267267267267
◆冷や汗度404404
◆満足度★★★

■こんな方におすすめ!

  • 本格推理が好きな方
  • 読者への挑戦を受けたい方

◆テーマ読み「探偵」◆
テーマ読み「探偵」

スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:霧舎巧

COMMENT 2

Sat
2013.11.23
16:36

mokko

URL

(  ° ▽ ° ;) エッ

2作続けて探偵が死ぬのですか?
偶然とはいえ、すごすぎ(^◇^;)
狙ってできることではないですねぇ~
霧舎さんの作品は1冊しか読んだ事がないのですが
読者への挑戦状とまともに受けられたためしがない
すんません。推理できないもんで(; ̄ー ̄A アセアセ・・・
これはいくつかの作品とリンクしてるってことですかね?
作品のチョイスにセンスを感じます!
mokkoももう少し考えて選ばないとなぁ~(^◇^;)

Edit | Reply | 
Sun
2013.11.24
00:00

翠香

URL

mokkoさんへ

そうなんですよね~まさか!って感じでした。
正確に言うと探偵を目指していた人なんだけど(^^;)
一応他に探偵役はいます。世界的な名探偵(?)も出てきたし。
でもこれちょっと切なかったなぁ。ちょっとお馬鹿さんなだけだったのに・・・。

あとがきによると《あかずの扉》研究会シリーズとつながりがあるみたいですね。
あかずの扉~はチェックしていたシリーズなので、来年から取り組もうかな。

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?