Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 若竹七海 > 【サンタクロースのせいにしよう】 若竹七海

【サンタクロースのせいにしよう】 若竹七海

 23, 2013

◆◇◆ルームシェアは楽じゃない◆◇◆

若竹七海(シリーズ外)
短編集
集英社 1995.8
  集英社文庫 1999.11


■あらすじ

一戸建てを二人でシェア、料理さえ作れば家賃はタダ。そんなおいしい話を見逃す手はない──。というわけで、気はいいけれど変わり者のお嬢様・銀子さんの家に居候することになった私。しかし、引っ越し早々、幽霊は出るわ、ゴミ捨て場の死体騒動に巻き込まれるわ・・・・・・なぜかトラブルが続発。郊外の平凡な住宅地を舞台に、愛すべき、ちょっと奇妙な隣人たちが起こす事件を描くミステリ短編集。
(集英社文庫より)

■感想
今年のクリスマス本です。
大崎梢さんの【平台がおまちかね】の中で本作が紹介されていたので、前からチェックしていました。
でもクリスマスに関係あるのは表題作だけで、あとは全然関係なかった(^^;)

本作は7編の連作短編集です。
主人公の岡村柊子は失恋と住んでいるアパートにガタが来たことを機に引っ越すことに。
そこへ友人の彦坂夏見から夏見の友人の松江銀子が同居人を探していることを聞く。
料理さえ作ってくれれば家賃はタダというおいしい条件に飛びついたが・・・。
ところがこの銀子さん、浮世離れしたお嬢様で非常に手が掛かり、柊子は振り回されっぱなし。
しかもこの家の下駄箱の上にはおばあさんの幽霊が出る!
ホラーテイストを交えつつの日常の謎系ですが、特に決まった探偵役はおらず、
その時々で色々な人が推理しています。
こんなにトラブル続きだと大変だろうなと思いますが、
でもドタバタしながら毎日退屈しなくていいかもしれませんね。


【あなただけを見つめる】
かつて松江家では人死がある前日に女の幽霊が出たという。
銀子が苦手としていた姉の郁子が死んだ時に銀子は女の幽霊らしきものを見たのだが、
郁子の夫が死んだ時には出なかった。しかし郁子の夫の死には不審な点も多く・・・。

松江家はthe昭和の大家族って感じですね。
でもこれだけ姉妹がいると仲の良し悪しがあるのでしょうね(^^;)
銀子さん、子供の頃はお転婆だったみたいですね。おっとりとした現在からは想像つかないな~。


【サンタクロースのせいにしよう】
柊子の住むブロックの班長・鈴木さんはごみの分別にやかましい。
クリスマスの日、柊子が仕事を終えて帰宅すると、
鈴木さんがおばけを見た、ごみ袋の中に死体があったと大騒ぎ。
ついに警察が出動する騒ぎに・・・。

ごみの分別をチェックするためとはいえ、ごみ袋を開けて中身を見るというのはやり過ぎですね。
鈴木さんにお灸をすえることが出来たのはスカッとしたけれど、サンタがかわいそう(笑)
おばけは例のおばあさん・・・だよね?(^^;)


【死を言うなかれ】
銀子の姉・沓子の住む街は区の特別整備地区に指定されている。
お隣の原田さんはたくさんの草花を育てているが、
ある時チューリップのコーナーが根こそぎ空っぽになっていたという。

チューリップ泥棒の謎についての推理合戦が楽しい。
でも真相は切ないものでした。未遂で終わってよかったです。


【犬の足跡】
柊子は最近よく同じ夢を見る。自分が犬になって誰かに背中を撫でられているのだ。
柊子は前の住人のことを漏れ聞き、気になって調べてみるとおばあさんと犬が住んでいたと分かる。

いよいよ幽霊の正体が明らかになります。ちょっと意外な真相でしたけど。
でもこれで成仏してもらえそうですね。花瓶に生けたビーフジャーキーが笑えます(^^)


【虚構通信(フィクション・コール)】
銀子の妹で売れない女優の卯子が自殺した。
一週間後、内木田しのぶという女性から電話があり、
一か月前香港で卯子の運転する車に轢き殺されそうになったという。
しのぶも卯子も映画監督の友野久幸と一度だけ関係を持っていた。

表題からしのぶの話は嘘だと分かりますね。こういう虚言癖のある女性ってやばい。最後も後味悪かったし・・・。
柊子も塞ぎ込んでいる銀子さんの為に会社を四日続けて休んだらクビになってしまい、災難なことです。


【空飛ぶマコト】
柊子と銀子はお向かいのアパートに住む留学生・美鈴の招待で台湾に行くことに。
ところが行きの機内で大声で喧嘩しているカップルがいた。
カップルの女はわがまま放題なのだが、時折見せる表情に柊子は違和感を覚える。

大声で喧嘩してみっともない・・・と思ったら意外な展開にびっくり。
台湾では銀子さんが自由過ぎて柊子は大変でしたね(^^;)


【子どものけんか】
柊子は夏見と銀子の腹違いの兄・曽我竜郎の三人で近所の公園へ花見に出かけた。
広場の隅に置かれたテーブルのビスが1本抜けていて、そこにビー玉が詰まっていた。
しかし三人がちょっと目を離した隙に、竜郎の新品のビデオは傷だらけになり、ビー玉が消えていた・・・。

銀子の父が倒れた為、銀子は実家に帰ることになり、同居解消となります。
銀子さんとの同居生活は意外と楽しかったと見えて、柊子は名残惜しそう。
でも銀子さん、家事出来るのかしら?(^^;)
柊子と竜郎の今後もちょっと気になりますね(^^)

■評価(5個が最高:★は1点、☆は0.5点)

 ◆トリック度267267
◆冷や汗度404404
◆満足度★★★☆

■こんな方におすすめ!

  • 女性の方
  • 日常の謎系が好きな方
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:若竹七海

COMMENT 0

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?