【水車館の殺人】 綾辻行人

◆◇◆人間消失の謎を解け!◆◇◆

島田潔(館シリーズ)2
長編
講談社ノベルス 1988.2
  講談社文庫 1992.3

水車館の殺人 (講談社文庫)
水車館の殺人 (講談社文庫) 綾辻 行人

おすすめ平均
stars癖と臭いの昇華
stars楽しめました。
stars雰囲気が素晴らしいです
stars作者も認める失敗作
starsん?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■あらすじ

 古城を思わせる異形の建物「水車館」の主人は、過去の事故で顔面を傷つけ、常に仮面をかぶる。そして妻は幽閉同然の美少女。ここにうさんくさい客たちが集まった時点から、惨劇の幕が開く!
  密室から男が消失したことと、1年前の奇怪な殺人とは、どう関連するか?
  驚異の仕掛けをひそませた野心作。
(講談社文庫より)

■感想
 プロローグからいきなり凄惨な場面・・・一気に涼しくなりました。しかもインターローグにも同じシーンが・・・い・一回でいいったら!404

 建築家・中村青司の建てた奇妙な館『水車館』で殺人事件が発生、犯人は逃亡し、行方がわからないまま一年が経過した。そして昨年と同様の顔ぶれが再び『水車館』に集まった。但し、一人招かれざる客、『十角館』の事件にも首をつっこんでいた、島田潔が加わっていた。そしてまた今年も『水車館』で事件が──。

 物語は、過去と現在が同時進行で進んでいきます。登場人物がほとんど同じなので、これが結構ややこしい。読者を混乱させる狙いもあったのかもしれません。

 【十角館の殺人】では、あまり探偵としての活躍が見られなかった島田ですが、今回は名探偵らしく全ての謎を解き明かしています。どうやら本作から館シリーズとしてシリーズ化していくことを決めたようですね。それで納得。

 これ、ミステリーマニアの方には謎解きは簡単だったようです。でも、完璧に正解した人ってどれぐらいいるのかなぁ。まあ多少ミステリーの心得(?)がある人ならある程度は分かると思います。私も犯人とトリックの一部は分かりました。でももう一ひねりあったんですねぇ。ヒントは随所に散りばめられていて、「何か変だな」と思いつつも見逃してしまいました。つっこみ所もいくつかあるのですけどね。
 謎解きのポイントは人間消失のトリックを解くことですね。219

  密室状態の場所からどうやって一人の人間が消えたか?

これが分かれば必然的に犯人が分かります。さらに、犯人はどこへ逃亡したのか?えっ?どこかに潜伏しているって?どこに潜伏しているんでしょうねぇ。
 また、動機からのアプローチもありますね。特に家政婦がなぜ殺されたのかという点。別段誰かに恨みを買っていたわけではないので、犯人にとって家政婦が生きているのは都合が悪かったということになります。

 しかし、一年前の事件は用意周到だった犯人も、この年の犯行は場当たり的でお粗末でしたね。もっと一年前と同様な事件が起こる設定になっていれば、さらにスリルがあって面白かったかも。

 ちなみに、本作は『十角館』の事件より後の設定になっていますが、中村青司についての予備知識がなくても問題ないです。どうしても気になる方は、【十角館の殺人】からお読みください。

■評価(5個が最高)

 

◆トリック度

267267267267

◆冷や汗度

404404404404404

◆満足度

★★★

■特におすすめ!

  • トリックものがお好きな方
  • 謎解きに挑戦してみたい方
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。バナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Category: 島田潔(館シリーズ)
Published on: Wed,  29 2007 23:36
  • Comment: 0
  • Trackback: 0

0 Comments

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

Post a comment