Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > ドラマ > 浅見光彦(ドラマ) > ドラマ【浅見光彦シリーズ第49弾 不等辺三角形】

ドラマ【浅見光彦シリーズ第49弾 不等辺三角形】

 18, 2014

■放送日時
  2014年1月17日 フジテレビ 金曜プレステージ 21時00分~22時52分

■番組名
  浅見光彦シリーズ49 不等辺三角形

■原作
  内田康夫『不等辺三角形』(講談社文庫刊)

■CAST
 浅見光彦    ・・・中村俊介
 浅見陽一郎  ・・・榎木孝明
 浅見雪江    ・・・野際陽子
 正岡美誉    ・・・野村佑香
 井上邦香    ・・・平田薫
 井上孝夫    ・・・江藤潤
 野崎警部    ・・・峰竜太
 柏倉哲     ・・・岡本富士太
 正岡佑直    ・・・佐戸井けん太
 河村忠治    ・・・金田賢一
                    ほか

■あらすじ

名古屋千種区法王町にある富豪の別荘・陽奇荘。中沢と名乗る執事風の男が、屋敷内にある1棹の和箪笥を修理したいと、箪笥職人・井上孝夫とその娘・邦香を仙台から呼び寄せていた。わざわざ遠く離れた仙台から名古屋まで呼びつけられたことを疑問に思う邦香は中沢に箪笥の持ち主や屋敷のことなど尋ねるが、中沢は何も語らない。屋敷から運び出した箪笥を載せた車を見送る中沢。その近くに一部始終をのぞいている怪しい男がいた…。
 翌朝、名古屋の松重閘門で初老の男の水死体が見つかる。現場に到着した愛知県警中川警察署の警部・野崎は、被害者の身元が陽奇荘の管理人を務めている柏倉哲と知る。
 一方、ルポライターの浅見光彦は、正塚百貨店十六代当主・正岡佑直と会う約束をしていた。正岡邸を訪れた浅見は、先日死体で見つかった柏倉が、老舗・正塚百貨店を経営する名家・正岡家に仕える執事だったと知らされる。佑直は、創業百周年を迎える正塚百貨店の評判を落さないためにも、柏倉を殺した犯人と正岡家が管理する陽奇荘から消えた名古屋箪笥の行方を見つけてほしいと浅見に依頼する。
 浅見は、事件調査のサポートとして佑直の秘書・河村忠治を紹介される。早速、河村の案内で陽奇荘に出かけようとする浅見に、佑直の娘・美誉が「私も行く」と言い出して…。
(とれたてフジテレビHPより)

■感想
何となく4か月に1回ペースになりつつあるドラマの浅見光彦シリーズ。
季節が真逆になるのもいつものことで、撮影は夏に行われたようですね。
俳優陣はみな薄着でしたし、蝉も鳴いていました(^^;)
この季節感のズレ、何とかならないものか。

今回、ヒロインは美誉だと思っていたのですが(HPでも美誉がヒロインと明記されています)、
どちらかというと邦香の方が浅見と行動を共にしていましたよね。
内田作品によくあるダブルヒロインかな?と思ったら、
実は原作ではもうひとりヒロインがいるようです。ドラマではカットされていますけど(^^;)
それにしても邦香はお客様のことをふらっとやってきた浅見にペラペラと・・・おいおい

浅見の身元が割れるお約束のアレですが、今回はあっさりバレてしまいましたね。
ヒロインがさらっとバラしてしまうあまり面白くないパターンです。
これに関してはTBSの方が派手にやってますね(笑)
陽一郎に電話を掛け、さんざん文句を言った挙句に刑事局長の弟と分かり、冷や汗。
これが結構楽しみだったりします(^▽^)
あ、原作では毎度毎度この件がある訳ではありません。

実は原作はまだ手元に無いため、原作との相違を詳しく比べることが出来ないのですが、
ドラマはかなり端折っているような気がします。
犯人が判明するのがかなり唐突な感じでしたよね。
これでは浅見が推理したとは言えないです。
秘密を知っていた父親の存在が最後の述懐で出てくるのは何だかなぁ。
途中までは暗号を解読しての宝探しが面白かったのに・・・。
雪江さんが漢詩を見て突然吟じたのには笑った(^▽^)

柏倉さん、始めは何だか怖そうなおじさんだな~と思ったのですが、
母を母と呼べず、姉を姉と呼べずに使用人として生きてきた人生は如何ばかりかと思います。
命を懸けてでも母と姉の大事な箪笥を守りたかったのですね

今回、箪笥にはその土地特有の様式があることを知りました。
日本の伝統工芸の技術は素晴らしいですね。
こういった作品を目で見ることが出来るのは映像の利点だと思います。
仙台箪笥の技術を全国に知らしめた意味で有意義な作品だったのではないでしょうか。

さてドラマの浅見光彦シリーズは次回で50回となるそうです。
ついに50回!凄いですね~。
50回記念の作品は『貴賓室の殺人』です。わーい!\(^0^)/
これは豪華客船「飛鳥」の中で殺人事件が起きるのです。
軽井沢のセンセ夫妻も乗船しているので楽しい作品なんですよね~。
岡部警部も登場するのですが、どうするのだろう??
放送は春ということですが、4か月ペースでいくとちょうどGW頃でしょうか。
楽しみに待ちたいと思います♪

■参考

▲原作本です
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:浅見光彦 内田康夫 中村俊介

COMMENT 2

Sun
2014.01.19
08:00

mokko

URL

見逃したぁ~

毎回楽しみにしていたのに・・・
残業してて自宅に到着したのが10時過ぎ・・・
il||li _| ̄|○ il||li
番組表をチェックする癖をつけないといけないです
久しぶりのショックですよぉ~(ノ◇≦。)

Edit | Reply | 
Mon
2014.01.20
00:19

翠香

URL

mokkoさんへ

あらら、それは残念。
私は日曜日に週間番組表をチェックしてますよ~(^^)v
次回はおそらくGW頃の放送だと思うので、忘れずにチェックしてね♪

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?