Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 北森鴻 > 旗師・冬狐堂 > 【狐罠】 北森鴻

【狐罠】 北森鴻

 02, 2014

◆◇◆やられたらやり返す・・・女のプライドにかけて◆◇◆

旗師・冬狐堂シリーズ1
長編
講談社 1997.5
  講談社文庫 2000.5


■あらすじ

店舗を持たず、自分の鑑定眼だけを頼りに骨董を商う「旗師」宇佐見陶子。彼女が同業の橘董堂から仕入れた唐様切子紺碧碗は、贋作だった。プロを騙す「目利き殺し」に陶子も意趣返しの罠を仕掛けようとするが、橘董堂の外商・田倉俊子が殺されて、殺人事件に巻き込まれてしまう。古美術ミステリーの傑作長編。
(講談社文庫より)

■感想
ずっと積読していた冬狐堂シリーズ、ようやく着手しました。
北森作品は積読本が多いのですが、新作が読めない今となっては勿体無くて読むのをためらってしまう・・・。
でも読まないで置いておくのも勿体無いので少しずつ大事に読んでいきたいです。

このシリーズのヒロイン・宇佐見陶子は旗師。「旗師」というのはこの作品で初めて知ったのですが、
店舗を持たない骨董商のことで、バイヤー的な役割を果たすこともあるのだとか。
自分の名前を捩って『冬狐堂』という屋号を付けているのもしゃれてますね(^^)
扱うものが骨董だけに信用が第一の世界。確かな目利きが必要となってきます。
若い女性がたった一人で海千山千の業者たちに交じり、多額の金を動かすのは大変だろうと思います。

さて物語は陶子が骨董商の橘薫堂から贋作の硝子碗を掴まされたことから始まります。
陶子は旗師のプライドにかけて半沢直樹よろしく「やられたらやり返す」と
橘薫堂へ目利き殺しを仕掛けることになるのですが・・・。

骨董市での競りのかけひきは大変面白く、作品の制作年代を判定するポイントなども非常に興味深かったです。
贋作をいかにも本物らしく作り上げるのに素材選びから仕上げに至るまで
実に細心の注意を払って制作しているのには感嘆してしまいました。

ですが陶子さん、無茶しすぎです。もう危なっかしくてみていられない
復讐劇というのは、悪を懲らしめることで溜飲を下げるもの。
でも本作での陶子の行動は、最終的には悪を懲らしめたにせよ、
その過程において陶子自身が身も心もボロボロに傷ついてしまっています
これでは読んでいるこちらもスカッとしません。もっと自分を大事にしようよ。
カメラマンの硝子(しょうこ)が味方にいたことがせめてもの救いでしたね。

陶子と硝子が危機一髪のところを助けられたときは二時間ドラマ的だなぁと思ったのですが、
それだけで終わらなかったのはさすがです。
メイントリックは薄々気付いてはいたのだけど、犯人そっちだったか!
何気なく書かれていたことが実は伏線だったのですね。
それにしても戸田、聞かれてはまずいことを独り言でつぶやき、
犯人が背後に迫っていることにも気付かないなんて間抜けすぎ(^^;)

そうそう、作中にさりげなく香菜里屋が登場したのはうれしかったですね(〃▽〃)
北森作品は作品間のコラボが楽しみの一つなんですよね。
次作の『狐闇』では北森オールスターズ総出演らしいので、先に他の作品も読んでから次に進もうと思います♪

■評価(5個が最高:★は1点、☆は0.5点)

 ◆トリック度267267267
◆冷や汗度404404404
◆満足度★★★☆

■こんな方におすすめ!

  • 骨董・古美術が好きな方
  • 香菜里屋シリーズを読まれている方
  • コンゲームが好きな方
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:冬狐堂 宇佐見陶子 北森鴻

COMMENT 2

Mon
2014.02.03
05:37

mokko

URL

о(ж>▽<)y ☆

北森作品は読むのが勿体無いってわかりますぅ
本当に大事に読みたいですよね
この作品、本当に危なっかしくってドキドキしましたよぉ
でも次の狐闇は、もっとドキドキします。
北森オールスターズ登場ってのがいいのですよぉ~
那智先生シリーズの狂笑面の中の話とリンクしてますから
それを読んでいればニヤリと出来ますよぉ~
これはどっちが先でも大丈夫ですけど(o^o^o)
久しぶりに思い出してニヤニヤしてます(^◇^;)

Edit | Reply | 
Mon
2014.02.03
23:49

翠香

URL

mokkoさんへ

本当、陶子さんにはハラハラドキドキされっぱなしでした。
次はもっとドキドキするってことは・・・陶子さん全然懲りてないのね(^^;)
とりあえず他の北森作品をいくつか読んだら次に進もうと思ってます☆
まだまだ読んでいない作品も多いので、そんなに出し惜しみしなくても大丈夫みたい。
少しずつ味わって読みたいです(^^)

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?