【消える密室の殺人-猫探偵正太郎上京-】 柴田よしき

◆◇◆長い尾をした猫の不幸せ◆◇◆

猫探偵正太郎シリーズ2

長編
角川文庫 2001.2

4043428065 消える密室の殺人―猫探偵正太郎上京 (角川文庫)
柴田 よしき
角川書店 2001-02

by G-Tools

■あらすじ

何も聞いてないよ──。またしても同居人の突発的な旅行につき合わされることになったオレ。今度は東京だ。嫌な予感がしていたのだ。上京したオレを待っていたのは猫、猫、猫。そしてやはり、死体。しかも人間の死体とともに、友だちになったばかりのアビシニアン、デビッドも死体で発見される。殺人?自殺? そんなことには興味ないが、殺「猫」犯は見つけださなきゃならない。しかし、密室で誰が、どうやって人間と猫を殺せたのか。オレは他の猫たちと犯人を追い始める。本格ミステリーシリーズ第2弾!
(角川文庫より)

■感想
 琵琶湖畔に住む正太郎は同居人・桜川ひとみと共に突如上京し、S出版に乗り込んだ。ひとみには高級ホテルがあてがわれたが、正太郎はたまたま猫の撮影のため徹夜をしている部署で預かってくれることになった。しかし、そこで殺人事件が発生。カメラマンとアビシニアンが死体で発見された。しかも密室状態で──。

 実に読んでいて楽しかった!相変わらず、正太郎の語り口は痛快だし、そして、ガラッパチなおばちゃんみたいなケメコ、長老の風格をたたえたトゥルバドール、いきがっている若猫、タクローなどなど、個性豊かな猫283がたくさん登場します。特に面白かったのは、猫たちが大脱走355をするシーン。想像するとコミカルであり、可愛らしくもありで、一人でくすくす笑ってしまいました。ミステリーでこんなに笑えるなんて!一応ちゃんと(?)殺人事件が起きているんですけどね・・・。柴田マジックだあ。

 この作品、章のタイトルは古今東西の推理小説のタイトルをもじっているんですね。こういう遊び心、好きだなぁ。私も記事の見出しで真似してみました(笑)何の作品か分かるかな?
 それから文章の区切りには、通常1,2・・・という具合に数字が振られていますが、このシリーズは、肉球の数で表しているんですね~かわいい~。

 前作では正太郎の推理は人間に知らさせることがなかったのですが、今回は巻き添えを食って死んでしまった、アビシニアン・デビッドの仇をとるために、なんとか人間に知らせようと努力します。ひとみちゃんには正太郎の真意は伝わらなかったものの、人間にも理解者がいて一気に事件は解決します。『ホームズ』の称号も与えられたし・・・。ん?ホームズ?黒猫、いや二毛猫ホームズかあ(笑)

 ここで使われていたトリック、これだけ見るとちょっとズルい気がしますが、この作品ならではのヒントがちゃんとありました。猫の心理と人間の心理が上手くシンクロしていますね。
 しかし、このトリックには穴があるのです。私が直前に読んだ他の作家さんの作品でも似たようなトリックが使われていて、そこが最大のつっこみどころだった訳なんですが、本作では登場人物による考察がなされていました。お見事!424

■評価(5個が最高)

 

◆トリック度

267267267

◆冷や汗度

404

◆満足度

★★★★★

■特におすすめ!

  • やっぱり猫が好き!な方
  • 女性の方 72
  • ストレス解消したい方
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。バナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Category: 猫探偵正太郎
Published on: Fri,  31 2007 23:25
  • Comment: 2
  • Trackback: 0

2 Comments

結衣  

楽しかった

読みましたよ、猫探偵! ホント、楽しかった、面白かったです。
飼った事はないのですが、猫には憧れのような感情を抱いていて、
その感情を見事にくすぐってくれる作品でした。
やっぱりいいですね、猫(*_*)
飼いたい、じゃなくて同居したい!

『RIKO』は、重くて激しい小説だったような記憶があります。
今読み返すとまた印象が違うかもしれませんが……。
翠香さんの感想を聞いてみたいです。読もうと思っておられたのなら、
ぜひ読んで下さいね。決して「読む価値のない作品」ではなかったです。

2013/03/03 (Sun) 08:33 | EDIT | REPLY |   

翠香  

結衣さんへ

この作品は、ホント楽しかったです♪
私は特に猫好きという訳ではないのですが、それでもこんなに楽しめたのですから、
猫好きの方にはたまらないでしょうね。
ミステリとしてもよく出来ていたので、大満足(^^)

『RIKO』は、今度やるテーマ読みの企画に入れようかと思っているのですが、
まだ先の話なので、どの作品を選ぶかはまだ未定なんです。
選ばなかったとしても、別の機会に読もうと思っています。

2013/03/03 (Sun) 23:00 | EDIT | REPLY |   

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

Post a comment