Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 倉知淳 > 【壺中の天国】 倉知淳

【壺中の天国】 倉知淳

 30, 2014

◆◇◆この素晴らしきおたく達の地球◆◇◆

倉知淳シリーズ外
長編
角川書店 2000.9
  角川文庫 2003.5
創元推理文庫 2011.12(上下巻とも)
20第1回本格ミステリ大賞受賞作

■あらすじ

シングルマザーの知子が、家族とほのぼの暮らしているのどかな町で、連続通り魔殺人事件が発生した。犠牲者が出るたびに撒かれる電波系怪文書。見つからない被害者を繋ぐミッシング・リンク。事件の異様な興奮が一家の平和な日常にもじわりと忍びよるが、知子は幼なじみの正太郎や記者兼編集者の水嶋と共に犯人像に迫ってゆく。巧みな伏線と精緻なロジックが光る、本格ミステリ。
(創元推理文庫下巻より)

■感想
倉知淳作品とはこれが2作目のご対面です。
猫丸先輩シリーズを追いかけるつもりが、次作がなかなか読めずに今に至っています(^^;)
本作は第一回本格ミステリ大賞受賞作ということで、前から気になっていたのですが、
ようやく読むことが出来ました。

本作の舞台は架空の地方都市・稲岡市。
いきなり冒頭から怪文書が出てきたのにはちょっと面喰いました。
いかにも頭のいかれた者が書いた文章でなんだか不穏な気配。
さらに稲岡市では高圧線鉄塔建設反対運動が起こり、物々しい雰囲気も漂います。
そして4件もの連続撲殺事件──。
ことごとく表紙イラストの可愛らしさとのギャップがありますね(^^;)

事件は始めの2件は被害者が女子高生と家事見習いの21歳の女性だったため、
若い女性を狙った連続通り魔事件と思われていたのですが、
3件目が45歳の主婦、4件目が82歳の男性とだんだん共通性がなくなり、
無差別通り魔事件の様相を呈してきます。
事件後に犯人からの怪文書が挿入されるのですが、
ゴシック体で句読点もなく文字がびっしり書かれているのはなんとも不気味です。
内容も支離滅裂で読んでいるこちらの頭がおかしくなりそう
また、事件と並行して挿入されるフィギュア制作マニア(モデラーというらしい)のモノローグでは、
被害者の特徴に見立てたフィギュアを制作しているのが分かり、背筋が寒くなりました

一方、この稲岡市に住む主人公・知子の日常は実にほのぼのとしています。
知子はシングルマザーで心に傷を持っていますが、
娘の実歩、父の嘉臣との三人で日々賑やかに過ごしています。
彼女を取り巻く人々もちょっと風変わりだけど優しい人たち。
知子のパート先、クリーニング店の主人は発明マニア。でもほとんど使えないものばかり(笑)
実歩がアイドルグループGETSのメンバーを登場人物にしたBL小説を書いたのを読んで、
ホモのエロ小説を書いている!と仕事も手につかないぐらいに動揺していたのも微笑ましいエピソードです。
そして知子の同級生・正太郎は、美大を出ても定職に就かず、子供に絵を教えているという
お気楽な感じの男ですが、この正太郎がいわゆる安楽椅子探偵なのです。
このように人物造形が個性豊かで猟奇的な事件が起こっているとは感じさせないほど楽しく読めました(^^)

さて犯人によると、4人は妨害したから殺したという。いったい何が犯人の逆鱗に触れたのか。
年齢も性別もバラバラな4人。特にこれといった共通点は見られない。
ここで事件の描き方が意味を持ってきます。
事件は被害者の殺された日の行動を事細かに描写する形をとっています。
投稿マニアの主婦は話をでっち上げたり、行く先々で口論したりとあまり褒められたものではないけれど、
2番目の被害者甲斐靖世は摂食障害に苦しみつつも前向きになろうとしていたし、
4番目の老人は健康おたくだったので、ああこの人、もうすぐ殺されるんだなと思うと切なくなってしまいますね。
でも被害者側の視点で描写しているのはミッシングリンク(見えない繋がり)を上手く隠すためでもあったのです。
でもこれ、まず分かる人はいないでしょうね。ええっ!そんな理由で?と思ってしまう。
まあ妄想に凝り固まっている人間のすることですから、常人には理解できるはずもなく(^^;)
モデラーの正体にも驚かされました。

ちなみにタイトルの『壺中の天国』は、中国の故事『壺中の天』からきています。
俗世を忘れさせる理想郷・別世界という意味だとか。
人それぞれに壺中の天──時を忘れて夢中になれるものを持つことの必要性
(もちろんどっぷり浸かりきったままでなく、現実に立ち戻ることも必要ですが)をメインテーマに掲げています。
この作品には実にたくさんのおたく達が登場します。知子は盆栽というシブい趣味だし、
発明マニア、ラジコンマニア、被害者たちも占い、投稿、健康のおたく達。
こんな記事を書いている私も立派な(?)ブログおたくなのでしょうね(笑)

■評価(5個が最高:★は1点、☆は0.5点)

 ◆トリック度267267
◆満足度★★★☆

■こんな方におすすめ!

  • 本格ミステリが好きな方
  • 安楽椅子探偵が好きな方
  • 駄洒落が好きな方
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:倉知淳 本格ミステリ大賞

COMMENT 0

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?