Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 読書まとめ > 2014年5月読書まとめ

2014年5月読書まとめ

 02, 2014

2014年5月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:2131ページ
ナイス数:115ナイス

麒麟の翼 (講談社文庫)麒麟の翼 (講談社文庫)感想
加賀恭一郎シリーズ第9弾。『赤い指』から2年後の設定です。加賀は従弟の松宮刑事と再びコンビを組むことに。常にマイペースの加賀に松宮は振り回されっぱなし(^^;)加賀は日本橋界隈をすっかり熟知しているようですね。事件は本当の悪人は誰も存在せず、都合の悪いことを誤魔化してしまった為に大いなる悲劇を生んでしまった。加賀があれほど激昂するのは珍しいけれど、それだけあの人物の罪は重いのでしょう。父の生前は折り合いが悪かった加賀ですが、三回忌を機に改めて父の気持ちときちんと向き合えたことはよかったと思います。
読了日:5月6日 著者:東野圭吾


カラスの親指 by rule of CROW’s thumb (講談社文庫)カラスの親指 by rule of CROW’s thumb (講談社文庫)感想
途中まで『片眼の猿』と似た雰囲気だなと思っていました。5人が詐欺を仕掛けるまでに物語の半分以上を費やしている為、飽きてきてしまった。ところが5人の詐欺計画がスタートすると一気に物語は加速し、ページを繰る手が止まらなくなりました(笑)ラストまで驚いたり脱力したりの繰り返し。この緩急の付け方はなかなか。でもまさか最初から騙されていたとは!やられました。それにしても随分と手の込んだことをしたものです。まさに一世一代の大マジックだったのですね。ラストは切なくも希望の持てる爽やかな終わり方で良かったと思います。
読了日:5月12日 著者:道尾秀介


タルト・タタンの夢 (創元推理文庫)タルト・タタンの夢 (創元推理文庫)感想
ずっと気になっていたシリーズ、文庫化を機にようやく読むことができました。フランス料理にはあまり馴染みがありませんが、こんなカジュアルなビストロなら足繁く通いたい。志村さんの優しい料理説明付きで♪『ガレット・デ・ロワの秘密』では志村さんの可愛さにキュンキュンし、『ぬけがらのカスレ』ではすれ違ってしまったカップルの未来にほっこりし、『割り切れないチョコレート』では、ショコラティエの思いに切なくなりました。ほろ苦かったり、甘々だったり、色々な味が楽しめました。シェフお手製のヴァン・ショーも飲んでみたい(^^)
読了日:5月17日 著者:近藤史恵


壺中の天国 上 (創元推理文庫)壺中の天国 上 (創元推理文庫)感想
第一回本格ミステリ大賞受賞作と聞き、ずっと読みたかった作品。表紙の可愛らしさに反して電波攻撃を受けているという怪文書、高圧線鉄塔建設反対運動、若い女性の連続撲殺事件などなかなかにハードな内容。それでも主人公・知子の日常はほのぼのとしていて微笑ましい。娘の実歩がホモのエロ小説を書いているとあわてている件には笑った。時折挿入されるフィギュア制作マニアが作っているのが被害者をモデルにしていると分かり、背筋が寒くなった。こいつが犯人なのか?知子たちと事件がどう繋がっていくのかも気になる。引き続き下巻を読みます。
読了日:5月22日 著者:倉知淳


壺中の天国 下 (創元推理文庫)壺中の天国 下 (創元推理文庫)感想
若い女性を狙った通り魔事件かと思いきや、3,4件目は主婦、老人が被害者となり、無差別殺人の様相を呈してきました。このミッシング・リンクはまず分からないですね。言われてみれば確かに・・・だけど犯人の妄想のなせる業なので常人には理解不能(^^;)モデラーの正体にも驚きました。自分の子供時代に正太郎のような物わかりのいい大人がいたらなぁ。とにかくビバおたく!の小説でしたね(笑)正太郎は実歩に受け入れられたけれど、知子の気持ちはどうなのだろう?水嶋くんはどうなる?知子ったら自分がモテていることに気付いてないのね。
読了日:5月28日 著者:倉知淳


幸せのコイン (中公文庫)幸せのコイン (中公文庫)感想
五百円玉が行く先々で持ち主のピンチを救うという現代のおとぎ話。石持浅海さんの『賢者の贈り物』と雰囲気がちょっと似ているかも。『邪馬台国はどこですか?』などのマニアックな薀蓄を語る作品とは対照的であっさりし過ぎているかな。最終話で各話の登場人物がちょこっとずつ登場して上手くまとめたつもりなのだろうけど、ちょっと強引な気もします。それでも爽やかでふんわり優しい連作短編集になっていると思います。
読了日:5月31日 著者:鯨統一郎

読書メーター

前半は、読メにレビューアップしたとたんにナイスが一気につくという現象が発生していました。
『麒麟の翼』、『カラスの親指』は映画化もされていますし(ともに主演は阿部寛さん^^;)、
さすがは人気作家の作品ですね。
同じ作品を読んでも人によってこうも評価が分かれるのかと思うことが多々あるのに、
他の方のレビューでも概ね高評価。多くの方に支持される理由が分かる気がします。
『タルトタタンの夢』は、新刊でもあり、待望の文庫化とあって人気が高いようです。
後半はマニアックな作品を選んだせいか、ナイスはほとんどつかず・・・現金なものですね(^^;)

5月は4月から引き続き、タイトルが『○○の▲▲』シリーズにしました。
まだまだ候補はたくさんありますね~。
6月も続けることは可能だけど、本選びが制限されてしまうので、ひとまず終了。
ぼちぼち梅雨入りの声も聞こえだしたので、雨にまつわる作品をいくつかチョイスしようかな。
あとは積読本と相談ですね(笑)

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:読書 まとめ

COMMENT 0

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?