Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 津原泰水 > ルピナス探偵団 > 【ルピナス探偵団の当惑】 津原泰水

【ルピナス探偵団の当惑】 津原泰水

 12, 2014

◆◇◆そんなカンジでシルブプレ◆◇◆

ルピナス探偵団シリーズ1
中編集
原書房ミステリー・リーグ 2004.3
  創元推理文庫 2007.6


■あらすじ

私立ルピナス学園高等部に通う吾魚彩子は、あるときうっかり密室の謎を解いたばかりに、刑事の姉から殺人事件の推理を強要される。なぜ殺人者は犯行後冷えたピザを食べたのか? その後も飄々たる博識の少年・祀島らと、青薔薇のある雪の館の密室殺人、死んだ大女優の右手消失事件に遭遇する。不合理な謎が論理的解明を経て、鮮烈な幕切れをもたらす本格ミステリ三編を収録。
(創元推理文庫より)

■感想
書店に平積みされているのを見て以来、気になっていた作品。
津原さんといえば幻想小説家のイメージなのだそうですが、
デビューは津原やすみ名義で少女小説家だったそうです。
本書は講談社X文庫ティーンズハートから出版された『うふふルピナス探偵団』(1994年)と
『ようこそ雪の館へ』(1995年)を全面改稿し、『大女優の右手』を書き下ろして
2004年に原書房から出版された『ルピナス探偵団の当惑』の文庫化です。
新しい作品かと思いきや、なんと20年前の作品だったとは!本書文庫化まで紆余曲折があったのですね。

もともとティーンズ向けとあって、ライトな文体です。
主人公はごく普通の少女・彩子。その友達で男勝りでがらっぱちなキリエ、
お嬢様で美少女の摩耶という組み合わせは、北村薫さんの『円紫さんと私』シリーズとも似ていますが、
どちらかというと赤川次郎作品の雰囲気に近いかな。
高校生が警察に捜査協力(しかも殺人事件!)というありえない設定もさることながら、
登場人物も突き抜けたキャラクター揃い。特に彩子の姉・不二子が凄い。
「事件、解決してよ。直感でも霊感でも三段論法でも、とにかく拷問自白以外ならなんでもいいから」
・・・ってオイオイ(^^;)
妹の力作(!)のラブレターを捜査に利用してしまう、極悪非道な姉です(笑)
でもこれがきっかけで憧れの君・祀島くんとお近付きになれたのだから「災い転じて福となす」じゃないかな?
まあいつも殺人事件がおまけに付いてくるという、色気のない状況ではありますが(笑)
漫画的な軽いノリながら、意外にしっかり本格推理になっているのは好みです(^^)
続編も文庫化されているので、そのうちゲットして読みたいですね。


【第一話 冷えたピザはいかが】
エッセイストの岩下瑞穂が自宅マンションで殺された。仕事机の上には前日に配達されたピザの箱が。
状況的にピザを食べたのは被害者ではなく、犯人だという。何故犯人は冷えたピザを食べたのか?

このお話では予め犯人が明記されています。殺害方法も、死亡推定時刻の偽装も全て明らかになっており、
犯人は何故冷えたピザを食べたのか?──謎はこの一点のみ。
これだけシンプルな謎なのに、犯人がチーズが苦手だったこともあり、謎は深まるばかり。
犯人の犯行時の行動と、犯人の視点に立つことが重要。良作だと思います。


【第二話 ようこそ雪の館へ】
彩子、キリエ、摩耶、祀島の4人は不二子の運転する車でスキーをしに雪山へやって来た。
しかし途中の道が雪崩で通れなくなり、迷い込んだ館に泊めてもらうことに。
そこは人気作詞家・天竺桂雅の館だったのが、当の雅が翌朝死体で発見される。

館・雪・密室・ダイイングメッセージ──まさに王道だ~。
ここでは祀島くんとキリエの迷推理が披露されます(笑)祀島くんはいい線行っていたのだけどな~。
真相は切なかったですね。


【大女優の右手】
大女優・野原鹿子は舞台中に倒れ、楽屋の控室で絶命した。
しかし救急隊が駆け付けた時、遺体は消えていた!
女子トイレで遺体が発見されたが、遺体の右手が切断されていた。

死体消失トリックには感嘆しました。なるほど劇場という場所を上手く利用したトリックですね。
皆を集めて「さて」と言った祀島くん、やっぱり名探偵になりたかったんだねとシニカルな目で見ていたら、
これも犯人の計画の一部だったとは!やられました。
大女優の過酷な運命を思い、悲しい余韻を残した作品でした。

■評価(5個が最高:★は1点、☆は0.5点)

 ◆トリック度267267267267
◆満足度★★★★

■こんな方におすすめ!

  • 本格好みの方
  • ライトミステリが好きな方
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:津原泰水 ルピナス探偵団

COMMENT 2

Sat
2014.06.14
19:47

mokko

URL

ルピナス・・・

津原さん好きの読み友さんが、ルピナスが好きで
文庫化が遅いと焦れておりました。
それで知ったんですけど、やはり面白そうですねぇ
トリックも満足度も星4つだなんて好評価ですし
やはりチェックしてみます(o^o^o)

Edit | Reply | 
Sat
2014.06.14
23:46

翠香

URL

mokkoさんへ

あれ?確か続編も文庫化されていたはずだけど?
今の所2作しか出ていないようですが・・・。
ちょっと赤川次郎作品に似た感じで楽しい作品でした。
漫画的なノリながらちゃんと本格推理になっている所が好みです♪

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?