Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 北山猛邦 > 音野順 > 【踊るジョーカー】 北山猛邦

【踊るジョーカー】 北山猛邦

 23, 2014

◆◇◆世界一気弱な名探偵◆◇◆

名探偵音野順の事件簿シリーズ1
短編集
東京創元社 2008.11
  創元推理文庫 2011.6


■あらすじ

類稀な推理力を持つ友人の音野順のため、推理作家の白瀬白夜は仕事場の一角に探偵事務所を開設する。しかし当の音野は放っておくと暗いところへ暗いところへと逃げ込んでしまう、世界一気弱な名探偵だった。依頼人から持ち込まれた事件を解決するため、音野は白瀬に無理矢理引っ張り出され、おそるおそる事件現場に向かう。新世代ミステリの旗手が贈るユーモア・ミステリ第一弾。
(創元推理文庫より)

■感想
あまりに王道な名探偵とワトソン役のコンビもの。
ですが本作の名探偵・音野順はひきこもりで、ニートで、寝癖が直らない(笑)
友人で推理作家の白瀬白夜が音野の類稀な推理力に惚れ込み、名探偵と持ち上げ、
強引に音野探偵事務所を開設してしまう。
(そして音野の解決した事件をちゃっかり小説にしてしまう。どこかにいたな~こんな推理作家^^;)

ひきこもり探偵とその友人という取り合わせは、坂木司さんのひきこもり探偵シリーズと被るのですが
(しかも同じ東京創元社から出ている)、坂木作品は二人の関係が共依存でちょっとイタイのに対し、
こちらの作品は極めて軽く、コントのようなやりとりが続きます。
強面の岩飛警部に怯える音野という図式も笑える(^▽^)
表紙イラストに何故かペンギンが描かれているのですが、おそらく岩飛→イワトビペンギンの連想でしょう(笑)
岩飛警部、こんな可愛くないけど(^^;)
北山作品には終末思想が現れていることが多いと聞いていたのですが、
本作にはそんな翳りは微塵もありません。

本作でも「物理の北山」は健在で、トリックも良く練られています。
また古典作品のオマージュらしい話も見られ、ユーモアと本格の一粒で二度おいしい作品になっています(^^)


【踊るジョーカー】
音野の初めての依頼人・南斉の父は、大量のトランプが散らばった部屋で刺殺された。
凶器のナイフには50枚のトランプが刺さっており、しかも現場は二重密室だった。

密室の謎についてはおおよそ見当がつきましたが、現実にはそんなに上手くいくかな?という気がします。
でもジョーカーが踊るところを見てみたい。
犯人を名指しできないナイーブな音野。名探偵とはある意味恨まれる存在。
音野が今後数々の重圧に耐えられるのか、ちょっと心配ですね。


【時間泥棒】
上野姉弟が住む家ではアナログ時計ばかりが次々と盗まれる怪事件が発生していた。
亡くなった両親が遺した美術品には手を付けず、さして高価でもない時計が盗まれるのは何故?

犯人はすぐ分かったのですが、動機がさっぱり見えてこない。
時計自体に価値があるのではなく、発想の転換が必要。
失った時間は戻らないけれど、もっと大事なものを失わなくて良かったですね。


【見えないダイイング・メッセージ】
笹川明夫は、何者かに頭を殴られ、死に際に金庫の暗証番号を遺すべく、ポラロイドカメラのシャッターを押した。
写真には特に番号を示すようなものは写っていないのだが・・・。

ファックスから「呪ってやる!」の文字が繰り返し印字されて来たら、臆病な音野じゃなくても怖いよね(^^;)
ここでは音野の兄が登場。兄の職業にも驚かされましたが、推理力にも驚いた。兄弟共々名探偵なんですね。
ここで兄の推理に乗っかるだけでなく、音野自身がさらに推理して犯人を割り出しているのはさすがです。


【毒入りバレンタイン・チョコ】
大学の研究室で手作りチョコを食べた女子学生が倒れ、意識不明に。
幸い一命は取り留めたが、チョコレートの台紙に青酸化合物が検出された。
30個のチョコの内、毒入りは一つだけ。無差別殺人かそれとも彼女が狙われた?

犯人は気が長いというか、執念深いというか・・・
何故こんな方法を取らなければならないのか・・・歪んでますね。


【ゆきだるまが殺しにやってくる】
雪道で道に迷い、途中に見つけたお屋敷に泊めてもらえることになった音野と白瀬。
このお屋敷では折しも一人娘の花婿選びが執り行われていた。
それは一番優れたゆきだるまを作った者が娘と結婚できるという奇天烈なもの。
しかし花婿候補の一人がゆきだるまの側で殺された。ゆきだるまの腕には血の付いたバールが・・・!

ゆきだるまが殺人犯!?こりゃホラーですね
このトリックが上手くいくかは少々疑問ですが、なかなか面白いトリックですね。
最後のオチがなんともお粗末ですが(^^;)やっぱりこの犯人も歪んでますね。

■評価(5個が最高:★は1点、☆は0.5点)

 ◆トリック度267267267267267
◆満足度★★★★

■こんな方におすすめ!

  • 物理トリックが好きな方
  • ライトミステリが好きな方
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:北山猛邦 音野順

COMMENT 0

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?