Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 石持浅海 > 碓氷優佳 > 【彼女が追ってくる】 石持浅海

【彼女が追ってくる】 石持浅海

 18, 2014

◆◇◆女と女の戦い◆◇◆

碓氷優佳シリーズ3
長編
ノンノベル 2011.11
  祥伝社文庫 2014.6


■あらすじ

旧知の経営者仲間が集う「箱根会」の夜、中条夏子はかつての親友・黒羽姫乃を殺した。愛した男の命を奪った女の抹殺を自らの使命と信じて。証拠隠滅は完璧。さらに、死体が握る“カフスボタン”が予想外の人物へ疑いを向ける。夏子は完全犯罪を確信した。だが、ゲストの火山学者・碓氷優佳は姫乃が残したメッセージの意味を見逃さなかった。最後に笑う「彼女」は誰か・・・・・・。
(祥伝社文庫より)

■感想
碓氷優佳(うすいゆか)シリーズ第3弾。
碓氷優佳がどうにも好きになれないのに何故か気になってしまうこのシリーズ(笑)
やっぱり倒叙だから面白いのかも。優佳vs犯人の頭脳戦がこのシリーズの見所です。
ですがオーソドックスな倒叙とは違い、変化球を繰り出すシリーズでもあります。
第1作【扉は閉ざされたまま】では密室の中にいる人間の状態が分からないまま推理を進めていきますし、
第2作【君の望む死に方】では被害者志願者が自ら安全に(?)殺されるようにお膳立てするのを
優佳がことごとく封じ込めるという図式になっています。
本作は前2作と比べるとオーソドックスな滑り出しですね。

コスメの輸入販売事業を行っている中条夏子はかつての勤務先の社長から「箱根会」の誘いを受ける。
「箱根会」は経営者の親睦を深める為に毎年開催しているが、
そこにかつての同僚で親友の黒羽姫乃が来ると聞き、参加することに。
実は姫乃とはある男性を巡って三角関係にあったのだが、その彼は交通事故で3年前に亡くなっていた。
夏子は姫乃が彼を誘った為に事故に遭ったのだと睨み、復讐を決意する。
果たして夏子は姫乃を葬ることに成功したが、
姫乃の手には箱根会の参加者・花村良太のカフスボタンが握られていた。
予想外の事態に戸惑う夏子だが・・・。

今回は痴情のもつれという分かりやすい動機でしたね。
まあ夏子の気持ちも分からなくもないけれど、交通事故死を姫乃のせいにするというのはちょっと・・・
根本には自分より姫乃の方が彼に愛されていたという嫉妬があるのだけど。
姫乃を殺しても自分が報われるわけでもないのに、殺して「勝った」と思うのはどうなんでしょう?
それほど彼に入れあげていたということなのかな。う~んやっぱり歪んでますね

ところが姫乃が良太のカフスボタンを握りしめていた為、疑いは良太に向けられる。
夏子にしてみれば願ってもないことなのだが、良太のカフスボタンを手に入れられるのは
姫乃しかいないことを夏子は知っていた。つまりこれは姫乃が仕掛けた罠なのだと。
まだ姫乃との戦いは終わっていなかった!警察の捜査が入る前にカフスボタンの謎を解かなければ・・・。

やはり繰り出してきました変化球。
倒叙としての楽しみに加え、カフスボタンの謎という通常の謎解きも楽しめる一粒で二度おいしい作品ですね。
生者vs死者という戦いもひねりが効いています。
そして登場するのが碓氷優佳
優佳は皆が喧々諤々推理合戦を繰り広げている時にはもう犯人の目星をつけてしまう。
でも優佳が気付いた夏子のミスは私も気付きましたよ。
女性なら気付くはずだと言っていたけれど、男性でも気付けるのではないかな。

しかし優佳は皆の前では何も言わず、夏子と二人きりになったときに自分の推理を開陳するのです。
それは夏子の面目を保つためでないことは結末をみれば一目瞭然。ある警告を発したというところでしょう。
あれだけの推理ができていたのだから、あの結末は予想できたはず。
それを黙っていた優佳ってやっぱり怖い女
そういえば、優佳はあの彼氏と婚約して同棲しているとか。
ついに彼氏も「優佳」という牢獄に入れられてしまいましたね。ご愁傷さまです(笑)

■評価(5個が最高:★は1点、☆は0.5点)

 ◆トリック度267267267267
◆満足度★★★★

■こんな方におすすめ!

  • 倒叙ミステリが好きな方
  • 本格推理が好きな方
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:石持浅海 碓氷優佳 倒叙

COMMENT 0

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?