Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 有栖川有栖 > 江神二郎(学生アリス) > 【双頭の悪魔】 有栖川有栖

【双頭の悪魔】 有栖川有栖

 28, 2014

◆◇◆ユートピアは殺人の香り◆◇◆

江神二郎シリーズ3
長編
東京創元社 1992.2
創元推理文庫 1999.4


■あらすじ

他人を寄せつけず奥深い山で芸術家たちが創作に没頭する木更村に迷い込んだまま、マリアが戻ってこない。救援に向かった英都大学推理研の一行は、大雨のなか木更村への潜入を図る。江神二郎は接触に成功するが、ほどなく橋が濁流に呑まれて交通が途絶。川の両側に分断された木更村の江神・マリアと夏森村のアリスたち、双方が殺人事件に巻き込まれ、各々の真相究明が始まる・・・・・・。
(創元推理文庫より)

■テーマ
 クローズド・サークル

■感想
江神&学生アリスシリーズ第3弾。
はぁ~ようやく読み終わりました~。本が分厚くて手が出し辛かったのですが、
逆に分厚いが故に積読本の中で存在感ありありで気になってしまった(笑)
しかも「読者への挑戦」が三回も挿入されているし(^^;)挑戦は受けて立ちたい性質なので(笑)
うん、堪能したなぁ~♪

前作【孤島パズル】での事件で傷心のマリアは、
芸術家たちが集まり、外部との交渉を絶っている木更村に逃げ込んでしまう。
江神たち英都大学推理小説研究会の4人は、マリアの父からマリアを連れ戻すように頼まれ木更村を訪れるが、
木更村のガードは固く、面会どころか電話すらも取り次いでもらえない。
仕方なく強行突入を図るが、江神部長だけがマリアとの接触に成功、あとの3人は隣村の宿まで送り帰される。
しかし豪雨により二つの村を繋ぐ唯一のルートである橋が決壊し、
木更村の江神とマリア、アリス達3人に分断されてしまう。
折しも双方で殺人事件が起き、推理研の面々は巻き込まれていく──。

またもやクローズド・サークルものですね。本作ではクローズド・サークルの内と外で共に殺人事件が起き、
推理研のメンバーが二手に分かれてしまいます。
神のごとき名推理で真相に到達する江神さんはもちろんカッコいいですが、
アリス、モチ(望月)、ノブナガ(織田)の3人が推理合戦をしながらヨチヨチ歩き
(スナフキンにはぐれたムーミンのように?)で真相に迫っていく様子は西澤作品に似ていて楽しかったです

木更村に強行突入するシーンが姫を救いに来た騎士たちのようで──と言えば聞こえはいいですが、
その実態は泥んこプロレスだし(笑)アリスの似非巴投げ!(^▽^)わはは
有栖川さん、バリバリ本格を書きながらしっかり笑いも取る。さすがは関西人!

さて肝心の「読者への挑戦」ですが、
第一の挑戦は偶然犯人を当てたけれど、推理がまるでダメ。
う~ん、香水をふりかけた謎と右耳切断の謎の両方とも解けたと思ったのだけどな~
耳が思わぬところから出て来ちゃったし・・・。
第二の挑戦は一番よく出来たかな。ヤマ勘でも犯人は分かるけれど、これが出来るのはあの人しかいない。
最後の挑戦はお手上げ。アリバイ崩しは苦手なんだよ~木更村の住人は皆怪しそうな人ばかりだし(^^;)
でもちゃんと伏線はあったのですね。それにしても事件の全貌がまさかあれだったとは!

アリスはマリアに「臨床犯罪学者」の肩書を持つ探偵が登場する作品を読ませていたらしい。
「臨床犯罪学者」といえば、そう、火村です。
あとがきで本作の登場人物の一人が火村のモデルになったことが明かされています。
本作の直後に火村シリーズ第一作【46番目の密室】が書かれているので、
まさに火村の原点はここにあったのですね。

今回、初めて江神さんの過去について語られました。こんな辛い過去があっただなんて・・・
次回作では今度は江神さんが出奔してしまうそうで、ちょっと心配。
ますます目が離せないシリーズになりそうです。

■評価(5個が最高:★は1点、☆は0.5点)

 ◆トリック度267267267267267
◆満足度★★★★☆

■こんな方におすすめ!

  • 【孤島パズル】を読まれた方
  • 読者への挑戦を受けたい方
  • クローズド・サークルものが好きな方
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:江神二郎 有栖川有栖 学生アリス

COMMENT 2

Sun
2014.08.24
19:02

mokko

URL

あぁ~(*´◇`*)

読まれたのですねぇ~(*´◇`*)
mokkoは順番を間違えて、本作を先に読んじゃってから
1作目、2作目を読む羽目になってしまいました。
シリーズものは順番も大切ですよねぇ~(^◇^;)
翠香さんのレビューを読みながら、思い出して
ドキドキしましたよぉ~
次作の女王国・・・早く買わなくっちゃヾ( 〃∇〃)ツ ウキャッ

Edit | Reply | 
Mon
2014.08.25
23:27

翠香

URL

mokkoさんへ

あ~いきなり本作から読んでしまうと、マリアの傷心の理由が分からないですよね。
しかも1作目に戻るとマリアは登場しないので混乱しそう(^^;)
これ、めちゃくちゃ面白かったです!
特に木更村に強行突入するシーンは笑った(^▽^)
回を追うごとに面白くなってきたこのシリーズ、次回作も楽しみです♪

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?