Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 森博嗣 > 【探偵伯爵と僕 His name is Earl】 森博嗣

【探偵伯爵と僕 His name is Earl】 森博嗣

 03, 2014

◆◇◆世の中、トリックだらけだよ◆◇◆

森博嗣(シリーズ外)
長編
講談社ミステリーランド 2004.4
講談社ノベルス 2007.11
  講談社文庫 2008.11


■あらすじ

もう少しで夏休み。新太は公園で、真っ黒な服を着た不思議なおじさんと話をする。それが、ちょっと変わった探偵伯爵との出逢いだった。夏祭りの日、親友のハリィが行方不明になり、その数日後、また友達がさらわれた。新太にも忍び寄る犯人。残されたトランプの意味は? 探偵伯爵と新太の追跡が始まる。
(講談社文庫より)

■感想
久々の森博嗣作品です。夏休みのお話だったので、選んでみました。
本作は講談社ミステリーランドの第4回配本だった作品です。
講談社ミステリーランドとは─かつて子どもだったあなたと少年少女のための─というコンセプトで、
字は大き目でルビも振ってあるという、児童向け書籍だったそうです。
ジュブナイルはちょっとなあ・・・とあまり期待せずに読み始めたのですが、
例によって理屈こねまくりの森ワールドにすっかりハマってしまいました(笑)

少年・新太(あらた)と探偵伯爵との交流がいいですね。
探偵伯爵はいつも黒ずくめの服を着ていて、神出鬼没の見るからに怪しい奴。
大体自ら「伯爵」と名乗るあたり怪しいですよね(^^;)
序盤は伯爵と新太のコントのようなやりとりにほのぼの。
伯爵が語った大きな金庫破りの話のネタ元って某有名古典作品のアレですよね?
ネタバレになってしまうので伏せますけど(笑)

ところが新太の身辺で事件が起き、物語の空気は一変します。
友達が次々と行方不明になり、新太も何者かに襲われそうになる
危機一髪の所を助けてくれたのがかの伯爵でした。
伯爵は警察とも顔なじみらしく、独自に調査を進めていきます。新太も伯爵に付いて調査のお手伝い。
この中で伯爵と新太が人を殺すことについて話し合う場面があります。
「人間の尊厳」、「責任能力」、「死刑」など大人でも難しい問題なのですが、
出来るだけ噛み砕いて説明されています。
難しいけれど一緒に考えてみよう──そんな風に森センセイに語りかけられているような気がしました。

さて事件の方はサスペンス要素は満載だったけれど、それほど意外性もなく、トランプの謎も大した意味もなく、
森センセイにしてはあっさりしているな~と思っていたのですが、
最後の伯爵からの手紙にびっくり。そういうことだったのか。
これにより事件の別の側面が浮かび上がってくるという仕組み。おぞましさにぞっとします
いいのでしょうか?子供にこんなもの読ませて。
伯爵の言葉を借りれば「目を遠ざけてはいけない」ということなのでしょうが・・・。
ただある程度読解力を必要としますね。
もしかすると小学生ぐらいの子だったらそこまで読み取れないかもしれない。
そこまで計算していたとしたら・・・森博嗣恐るべし

森作品を読むのも1年ぶりぐらいなのだけど、シリーズものは四季シリーズの前で止まってますね(^^;)
これからはバリバリ読み進めるぞ~

■評価(5個が最高:★は1点、☆は0.5点)

 ◆トリック度267267
◆冷や汗度404404404404
◆満足度★★★☆

■こんな方におすすめ!

  • かつて子どもだったあなた
  • 森ミステリィが好きな方
  • 夏の読書をお探しの方
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:森博嗣

COMMENT 4

Sat
2014.08.09
23:01

akane

URL

わたしも。。。

お久しぶりです!
探偵伯爵、、、わたしもはじめて読んだとき、最後の手紙にぐさっと、衝撃を受けました。
容赦ない、というまではいかないけど、少なからずショックもあって。。。でも、そういうの、全部ひっくるめて、大好きな作品になりました!
わたしも森作品、、、ぜんぜん読めてません。Gシリーズに入りたいところですが、再読もしたくなっちゃうなあ(。-_-。)

Edit | Reply | 
Sun
2014.08.10
00:13

翠香

URL

akaneさんへ

お久しぶりです!コメントありがとう。
このところ皆さんお忙しいみたいでちょっと寂しかったです。

私は手紙を読んだ時、始めはポカンとしてしまいました(鈍い^^;)
でもだんだん意味が分かってくると、ぞわぞわっと・・・。
てことは犯人は自分の●●を・・・おぞましいv-399

私も四季シリーズの前に『すべてがFになる』を再読しようと思っているのですけど、なかなか。
犀川先生や萌絵にまた会いたいので私も早くGシリーズに入りたいな~。

Edit | Reply | 
Sun
2014.08.24
19:14

mokko

URL

これは・・・

最初がホノボノした感じになっているから
結構油断してたんですよねぇ~
最後の手紙には本当に驚かされました
森博嗣恐るべしって改めて思いました。
他のシリーズも読みたいんですが、シリーズを色々と
抱えていると、全然前に進みません(ノ◇≦。)

Edit | Reply | 
Mon
2014.08.25
23:34

翠香

URL

mokkoさんへ

ジュブナイルだから、まさかそんなに酷いことにはならないと高をくくっていたら
救いのない話だったので、びっくりしました。
しかも隠されていた動機がアレでしょ・・・。

そうそう、10月からS&Mシリーズがドラマ化されるそうです。
原作をどれだけ再現できるのかは分かりませんが、
とりあえずドラマから入ってみてはどうでしょ?

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?