Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > ドラマ > ドラマ【塔馬教授の天才推理2 湯殿山麓ミイラ伝説殺人事件】

ドラマ【塔馬教授の天才推理2 湯殿山麓ミイラ伝説殺人事件】

 20, 2014

■放送日時
  2014年9月19日 フジテレビ 金曜プレステージ 21時00分~22時52分

■番組名
  塔馬教授の天才推理2 湯殿山麓ミイラ伝説殺人事件

■原作
  高橋克彦 「即身仏(ミイラ)の殺人」(文春文庫)

■CAST
  塔馬双太郎(通称トーマ)               ・・・佐々木蔵之介
  名掛亜里沙(通称リサ)                ・・・森口瑤子
  長山作治(ペンネーム・流山朔 通称・チョーサク)・・・橋本さとし
  小暮秀子                         ・・・田畑智子
  梓川梓                          ・・・渋谷飛鳥
  沼田雲海                         ・・・山田明郷
  千崎完三                         ・・・阿南健治
  山影哲夫                         ・・・宇梶剛士 
                                      ほか

■あらすじ

湯殿山山麓の山形県仙人村で、墓石を掘り返している男が何者かによって撲殺された。被害者の男が倒れた後も後頭部に凶器を執拗に振り下ろす犯人…。
それから半年後の東京。私大教授で浮世絵研究家でもある塔馬双太郎は、雑誌編集部員・名掛亜里沙と推理小説家・長山作治が次に取材する資料に目を通す。取材テーマは湯殿山の即身仏(ミイラ)。塔馬は興味深いテーマで取材に賛成だったが、幽霊系の話が苦手な長山は取材することに反対。結局、亜里沙の知人で映画プロデューサーの小暮秀子の作品が偶然、湯殿山で撮影していること、しかも長山の大好きな女優が出演していることを知り、長山も取材同行を承諾する。
数日後、亜里沙と長山は湯殿山の撮影現場を訪れる。小暮に誘われ撮影後の制作発表に出席すると、そこには仙人村の由緒ある寺・殿岳寺の住職、沼田雲海地元の実業家で村議会議長・千崎完三がいた。制作発表が始まり、その冒頭で主演女優が外から会場の中に向かう途中、突起物につまずいてしまう…。関係者がそれを掘り起こすと、仏像が彫られたふた付きの木棺であることが判り、中には1体のミイラが納まっていた…。
亜里沙はすぐに塔馬に電話をして状況を説明。細工された木棺に興味を覚えた塔馬は、自分が不在でも大丈夫なように学生たちの課題を3日分作成して、湯殿山へと向かう。
(番組HPより)

■感想
塔馬教授の天才推理シリーズ第2弾。
前回、新シリーズが立ち上がって、次作は1年後ぐらいと思っていたのですが、
なかなか新作が出ないので、ぽしゃったのかと思っていました(^^;)
実に2年ぶりの新作と相成った訳ですが、う~ん、相変わらず微妙な出来ですね。

撮影は冬に行われたようで、雪にコート姿にといかにも寒そうです。
撮影→編集→OAのスパンが半年ぐらい掛かるのか、季節が真逆になってしまうのですよね(^^;)
先日放送された『白銀ジャック』でも夏にスキー場という季節感の無さ。
撮影からOAまで時間が掛かるのなら、いっそもっとずらして季節を合わせればいいのに。
それが無理ならあまり季節感を出さないようにするとか。

私は原作は読んでいないのですが、キャストだけ見て犯人分かりましたよ。
これも2時間ドラマの宿命でしょうかねぇ
千崎は始めからいかにも怪しそうでしたよね。怪しそうな奴は犯人ではないと相場が決まっています。
雲海は見た目通りの悪役キャラでしたけど(^^;)
しかし雲海の行動はどうも不可解なんですよね。
話題作りの為に、ミイラを引っ張り出して、隠した訳なんですが、
そんな後ろ暗い代物を何故白日の下に晒したのか?
集客と寺の名に傷がつくことと、どちらが重いか考えれば分かりそうなものだけど・・・。

秀子の行動もよく分からない。
松本が死んだのは言わば不可抗力だったのでしょう。
そのまま何もせずに立ち去っていれば、転落事故として処理されたかもしれない。
それなのに変な小細工をするからおかしなことに・・・。
それにしても、あの呪いのメッセージはいつ書いたのでしょうね?
やけに達筆だったので、その場で書いたものとは思えないのだけど(^^;)

リサとチョーサクのコンビは相変わらず息がピッタリですね
トーマは出番が少ないし、イマイチ何考えているのかよく分からない。
と思ったら、原作は『リサ&チョーサクシリーズ』であるらしい。
原作でもトーマは出番が少なくてあまりしゃべらないらしいです。
じゃあもともとあんな感じなのか。
だけどチョーサクってミステリ作家なんでしょ?
即席で映画監督もやったりするの??ありえない(^^;)

原作は今のところ3作出ているようなので、またいずれ続編が作られるのでしょうね。
次回はたとえベタでもリサが危険な目に遭うとか、もっとドキドキ感が欲しいです。

■参考
  金曜プレステージ・塔馬教授の天才推理2湯殿山麓ミイラ伝説殺人事件 - フジテレビ
  ↑番組HPです。

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:塔馬教授 佐々木蔵之介

COMMENT 0

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?