Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > ドラマ > すべてがFになる(ドラマ) > すべてがFになる 第3話「封印再度[前編]」

すべてがFになる 第3話「封印再度[前編]」

 05, 2014

■放送日時
2014年11月4日(火) フジテレビ系列 21:00~21:54

■番組名
『すべてがFになる』 第3話「封印再度[前編]」

■原作
森博嗣 『封印再度』(講談社文庫)

■CAST
  西之園萌絵     ・・・武井咲
  犀川創平      ・・・綾野剛
  喜多北斗      ・・・小澤征悦
  真賀田四季     ・・・早見あかり
  鵜飼大介      ・・・戸次重幸
  国枝桃子      ・・・水沢エレナ
  西之園捷輔     ・・・吉田鋼太郎
  ---------------------------------------
  香山林水      ・・・横内正
  香山フミ       ・・・真野響子
  香山マリモ     ・・・原田夏希
                         ほか

■あらすじ

 萌絵(武井咲犀川(綾野剛を誘い、香山という一家が暮らす日本家屋にやってくる。名目は「歴史的建造物の調査」だが、萌絵の興味は香山家に伝わる壺と匣(はこ)にあった。鍵のかかった匣には対となる壺があり、中に鍵らしきものが入っているがそれを取り出すことはできない。50年前、当主で仏画師の香山風采の死亡事件が起ったとき、壺に風采の血痕が付着していた。それを見た警察が匣を開けようとしたが、息子で同じく仏画師の林水がそれを拒んだという。
 曰わく付きの壺と匣を見たい萌絵は、犀川とともにそれが置かれている蔵まで来るが使用人に制される。それでも粘る萌絵を、現在の当主・香山林水(横内正)の妻であるフミ(真野響子)が厳しく制した。
 別の日、萌絵、犀川、萌絵の叔父・捷輔(吉田鋼太郎)がレストランにいると、林水の長女で漫画家のマリモ(原田夏希)がやってくる。捷輔の妻が風采の画が好きだったことから、捷輔はマリモと知り合ったという。
 マリモの取り計らいで再び香山家を訪ねた萌絵と犀川は通された客間でマリモを待つが、約束の時間を過ぎてもマリモは帰宅しない。やがて萌絵が部屋を出ようと襖を開けると、蔵の方から叫び声がした。萌絵と犀川が駆けつけると、フミら一族が集まっていた。蔵の中に大量の血痕があったが、そこにいるはずの林水の姿はなかった。しかし、側にはあの壺と匣があり、白い壺の表面にはべったりと血痕が付いていた。

(番組HPあらすじより)

■感想
う~ん、今回は打って変わってアレンジ入りまくりでしたね(^^;)
犀川先生が歴史的建造物の調査に訪れるのはまあいいとして(原作では調査をするのは学生たちです)、
西之園本部長と香山マリモが知り合いというのは、ちょっと無理があるような・・・。
香山家をつぶさに鑑賞する犀川先生に、「建築探偵か!」と密かにツッコミを入れた私です(笑)

それにしても今回は横溝テイスト溢れる作品に仕上がってましたね(^^;)
呪われた壺と匣とか(笑)
林水の息子・多可志や妻の綾緒、使用人の吉村など、皆ねっとりと陰気な感じで不気味でしたよね
原作はこんなおどろおどろしくはないのだけど・・・。
壺と匣をなかなか見せてくれないのも秘密めいているし。
林水の孫・祐介の影、座敷童かと思いましたよ~!ははは・・・。

原作では犀川と萌絵の関係が大きく進展する大事な巻なのですが、
前編を見るかぎり、そのあたりは全面カットになりそうですね。残念だな~。
そのかわりのつもりなのか、お泊りで部屋に布団が並べて延べられていたり、
「お風呂、一緒に入ります?」という萌絵のドッキリ発言がありましたけどね。
積極的な萌絵にすっかり腰の引けている犀川先生、という図式ですよね(^^;)
実は原作ではもっと萌絵の小悪魔ぶりが炸裂しています(笑)
ドラマの萌絵の方があれでもかなりおとなしめなんですよ~。

さて事件の重要なカギを握るのが、祐介の「おじいちゃんはもういない」という発言
一方、犬は何か異変をキャッチして吠えていた・・・。
原作では様々な憶測が飛び交う訳ですが、
子供の証言と、7時~8時には蔵の扉が開かなかったことから、
少なくとも林水は6時時点では生きていたという前提で捜査は進められていました。
しかしドラマでは、現場の血痕などから6時前には林水は既に刺されていて、
犯人によって何処かに運び出されたと目されています。
これでは子供の証言と犬の反応の矛盾はあまり生きてこないのではないでしょうか。
種明かしをされても「なんだそういうことか」で終わってしまいそうな・・・

また始めから自殺の可能性はないものとして話は進んでいますね。
現場から凶器が見つからないのですから、自殺ではありえない。
でももし意外なところから凶器が現れたら・・・?

マリモが大怪我をしたのに車は無傷だった、というのが一番驚いたかも。
原作では炎上してしまいますからね。新車なのに・・・
マリモはこの後病院を抜け出しているし、予告では多可志も被害に遭い(殺された?)、
共犯者がいるようなことも・・・。
原作とは違う結末になっているかもしれませんね。

後編では壺と匣の謎、蔵を封印していた謎が解かれます。
犀川先生による実演が楽しみです♪

■参考

すべてがFになる - フジテレビ
▲番組ホームページです。

【封印再度-WHO INSIDE】 森博嗣 | ミステリー処【love knot】
▲原作レビューはこちら

▼原作本です。

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:犀川創平 西之園萌絵 綾野剛 武井咲

COMMENT 0

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?