Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > ドラマ > すべてがFになる(ドラマ) > すべてがFになる 第8話「数奇にして模型[後編]」

すべてがFになる 第8話「数奇にして模型[後編]」

 10, 2014

萌絵ちゃん、またもや危機一髪!の巻(懲りないねぇ^^;)

■放送日時
2014年12月9日(火) フジテレビ系列 21:00~21:54

■番組名
すべてがFになる』 第8話「数奇にして模型[後編]」

■原作
森博嗣 『数奇にして模型』(講談社文庫)

■CAST
  西之園萌絵     ・・・武井咲
  犀川創平      ・・・綾野剛
  喜多北斗      ・・・小澤征悦
  真賀田四季     ・・・早見あかり
  鵜飼大介      ・・・戸次重幸
  国枝桃子      ・・・水沢エレナ
  西之園捷輔     ・・・吉田鋼太郎
  ---------------------------------------
  大御坊安朋     ・・・小松和重
  儀同世津子     ・・・臼田あさ美
  寺林高司      ・・・山本耕史
  筒見明日香     ・・・山川紗弥
  筒見紀世都     ・・・中島歩  
                        ほか

■あらすじ

西之園萌絵武井咲は、筒見紀世都(中島歩)のアトリエに明日香(山川紗弥)の等身大のフィギュアがあったこと、異常としか思えない一面を目撃したことから、明日香を偏愛する紀世都が彼女を殺害したのでは、と犀川創平綾野剛に話す。
 そこへ、儀同世津子(臼田あさ美)がやってくる。犀川と約束をしていたらしい世津子の親しげな態度にいらだち萌絵は研究室を出る。すると、浜中深志(岡山天音)が来て封筒を手渡した。紀世都から送られたその手紙を読んだ萌絵はどこかへと向かうが、そのとき、寺林高司(山本耕史)から連絡が入る。寺林はどうしても調べたいことがあり病院を抜け出したという。萌絵が問い詰めると、紀世都のところに行くつもりだと明かした。
 萌絵と寺林が紀世都のアトリエの前に来ると、喜多北斗(小澤征悦)と大御坊安朋(小松和重)に声をかけられる。紀世都と連絡が取れないため、心配して来たのだと大御坊は言う。4人でアトリエに入ると、そこはロウソクの光が蛍のように点灯する幻想的な空間だった。紀世都の姿は見当たらないが、大御坊は、紀世都はこれを自分たちに見せようとしているのでは、と鑑賞し始める。そのとき、大きな機械音が響き、アトリエに置かれたペットボトルのロケットが四方に発射される。ペットボトル内の液体が雨のように巻き散らかされるが、それはアルコールでロウソクに引火し炎が上がる。煙が立ちこめるなか萌絵が紀世都を探すと…。

(番組HPあらすじより)

■感想
うーん、これキャストを見れば犯人分かっちゃいますよねぇ(^^;)
大御坊と儀同さんは「仲間」だし、筒見兄妹は殺されちゃうし・・・で残るは寺林のみ。
山本耕史さんがチョイ役であるはずもないし・・・見事に寺林の役にハマってましたよね。
まあ河嶋もかなーり怪しかったですけど(笑)
怪しい奴はえてして犯人ではないという鉄則がありますし。そもそもキャストに名前が挙がってない!
この辺がフーダニット(犯人当て)のドラマの弱点なのよねぇ・・・
原作ではまさかの寺林でしたが、ドラマではやっぱりコイツだったか~って感じではないでしょうか。

それにしても萌絵はまたもや危険な目に・・・。(もはやお約束?^^;)
寺林の「隠れ家」のドアをノックもせずにドアノブを廻したのには、オイオイとツッコミを入れてしまった。
犯人の部屋かもしれないのだから、もう少し警戒しようよ
何故萌絵が毎回事件にのめり込むのか、不可解でしたが、一応の回答を得ましたね。
まさか自ら飛んで火に入るつもりはないでしょうが、危険を顧みないところがありますね。
そしていつも助けに来てくれるのは、やっぱり犀川先生。
電気をショートさせたのは、原作ではクリップだったのだけど、
地球防衛軍のバッヂだったとは!これはナイスアイデアでしたね
そしてそして、犀川のピンチを救ったのは、なんと大御坊!お、男らしい(笑)
原作ではドラマには出ていない別の人なんですが、この変更はなかなか面白かったです(^▽^)

でも萌絵の送ったメールが、どうやら四季の仕業らしいというのはどうなんだろう。
次回への布石であることは分かりますが、いくら天才でもそこまでは分からないのでは?

儀同さんの正体もついに明らかになりましたね。
でも萌絵と儀同さんのやりとり、
「儀同さんは犀川先生の恋人ですか?」と聞かれて、「私、人妻よ」って返答はちょっと変な気がします。
ここは
「えっ?私、創平君の妹よ」
「でも名字が・・・」
「私、結婚してるの」
この方が自然だと思います。
しかし、この後の萌絵の反応は分かりやすいですね(^^;) まあ可愛らしいですけど。
いきなり抱きつかれて、犀川先生も訳が分からないですよね。
ここ、原作ではもっと面白いことになっています。いや萌絵にとっては恥ずかしいことかな(笑)

全体としては、やや駆け足気味でしたが、上手くピースを組み替えてコンパクトにまとまっていたと思います。
意外とセリフ回しが原作通りで感心しました

さてドラマもあと残り2回。原作はシリーズ最終話『有限と微小のパン』です。
再びあの天才プログラマの登場です。
予告編を見ましたが、城田優さんが出演するのですね。楽しみ♪
原作はかなり分厚い本なのですが、これを2回でどう処理するのか、お手並み拝見といたしましょう。

■参考

すべてがFになる - フジテレビ
▲番組ホームページです。

【数奇にして模型-NUMERICAL MODELS-】 森博嗣 | ミステリー処【love knot】
▲原作レビューはこちら

▼原作本です。

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:すべてがFになる 犀川創平 西之園萌絵 綾野剛 武井咲

COMMENT 0

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?