【冷たい密室と博士たち-DOCTORS IN ISOLATED ROOM】 森博嗣

◆◇◆萌絵大ピンチ!!せんせい、たすけて・・・。◆◇◆

犀川創平S&Mシリーズ)2
長編
講談社ノベルス 1996.7
  講談社文庫 1999.3

冷たい密室と博士たち (講談社文庫)
冷たい密室と博士たち (講談社文庫) 森 博嗣

おすすめ平均
stars意外な伏線
stars前作の「真賀田四季」の存在感が凄過ぎて…
starsFとは違う
stars普通だー!
stars前作ほどの

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

■あらすじ

僚の誘いで低温度実験室を訪ねた犀川助教授とお嬢様学生の西之園萌絵。だがその夜、衆人環視かつ密室状態の実験室の中で、男女二名の大学院生が死体となって発見された。被害者は、そして犯人は、どうやって中に入ったのか!? 人気の師弟コンビが事件を推理し真相に迫るが・・・・・・。究極の森ミステリィ第2弾。
(講談社文庫より)

■ヒロイン
 西之園萌絵(20歳・N大工学部建築学科2年)

■感想
 S&Mシリーズ第2弾です。前作を読んでから一年以上空いてしまいました(^^;)前作がかなりグロかったので、これもまたグロなのかな?と思うとなかなか手を出せず・・・。幸いグロさはたいしたことありませんでした(ホッ)
 前作【すべてがFになる】は、実は4作目として書かれていたので、本作が森博嗣さんの処女作となります。

 今回もコンピュータ用語216がバリバリ出てきます。私は、プログラミング経験があるので、大体分かるのですが、コンピュータと無縁の一般の人が読んで理解できるのかな?? と、かくいう私も、極地研の実験内容はチンプンカンプンでしたが、「何か特殊な実験をやっているんだな」ぐらいに受け流していましたので(笑)、分からなくても、ムーディ勝山よろしく、右から左へ受け流せばよろしいかと(^^;)

 内容としては、前作が衝撃的であった分、やや平板な印象を受けましたが、本作の方が本格推理らしくてよかったですね。謎を解くのにコンピュータの知識はいっさい必要ありません。以下、私の拙い謎解きの過程からヒントを・・・。ヒントなんかいらない!というかたは、をクリックしてください。

 


 作中で、萌絵が推理を披露しています。この推理そのものは無理があるのですが、一部使えるトリックがあるので、そこから考えると犯人の該当者はかなり絞られてきます。ところが、第2の事件(4人目の死者)が起こった時点で、萌絵も言っているのですが、フリダシに戻ってしまうんです。そこでもう一ひねりが必要です。
 また、「shika」から犯人の割り出しを試みました。が、これも一ひねりあったので、正解にはたどり着けず・・・。
 そして、この一連の事件でいちばん難しいのが、『動機』。私も『行方不明』になった学生と犯人との関連性には気が付いていたのですが・・・。
 これ以上言うとネタバレになりそうなので、こんなところで。

 


 ところで、今回萌絵は無茶しましたねぇ。危うく殺されるところでした。390パソコンが媒体となって、犀川が助けに行くところが、このシリーズならではですね。

 それにしても、抜群の推理力を見せる犀川も、こと恋愛に関してはウブなんですねぇ。可愛いな~344

■評価(5個が最高)

 

◆トリック度

267267267

◆冷や汗度

404404404404

◆満足度

★★★★

■特におすすめ!

  • 理系の方
  • コンピュータ・パソコンが得意な方
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。バナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Category: 犀川創平(S&Mシリーズ)
Published on: Wed,  24 2007 00:11
  • Comment: 6
  • Trackback: 1

森博嗣 S&Mシリーズ 西之園萌絵 犀川創平

6 Comments

さゆみ1194  

二作目ですね~♪二作目はハズレだと聞いたことがありますが、読みたいですね。
さすが理系ミステリだけあって、二作目も理系用語満載の様ですね、ちょっと読むのが不安です。でも  

>分からなくても、ムーディ勝山よろしく、右から左へ受け流せばよろしいかと(^^;)  

という言葉に励まされ(笑)是非二作目も読んでみようと思います♪

2007/10/26 (Fri) 17:58 | EDIT | REPLY |   

翠香  

理系?そんなの関係ねぇ!(笑)

森ミステリファンの間では、やっぱり『F』の人気が高いみたいですね。『F』はかなりインパクトのある作品なので、それと比較すると、本作は「何か普通~」という印象がハズレという評価につながっているのかもしれませんね。私は本作のほうが面白いと思いました。
『理系ミステリ』といっても、謎解きに『ガリレオ』のような科学的な要素はないので、ムーディ勝山式(笑)で大丈夫だと思いますv-410

2007/10/26 (Fri) 23:34 | EDIT | REPLY |   

はな  

こんにちは♪

処女作なんですか!
でもやっぱり「すべてF~」のおかげで普通っぽく見えてしまいましたねぇ。
それでも、通常の推理ものとは違う感じが漂っておりましたが♪

>コンピュータと無縁の一般の人が読んで理解できるのかな??
えぇ、ちんぷんかんぷんです(笑)
一応想像はしますけれども、しっかりとしたものは脳裏に浮かべなかったですワハハ~。

2007/10/28 (Sun) 16:08 | EDIT | REPLY |   

翠香  

森博嗣恐るべし

森センセイは、本作を構想3日、執筆2週間で書き上げたようですv-405たとえ「普通」だったとしても、初回からこのスピードと力量、ただものではないですね。
理系とはいえ、学者なら論文を書くわけで、文章力も必要になってくるのでしょうね。

2007/10/28 (Sun) 22:12 | EDIT | REPLY |   

すくね  

力作ではありますよね~

私も『F』を先に読んだので、本作は正直スケールダウンしたのはあるかな?とは思いますが、単作として見れば、良質なミステリーですよね~。特に犯人を特定する時の『犯行可能な人物はこの人しかいない』という消去法的な論理展開は読んでいて非常にぞくぞくしたのを覚えていますよ~。このシリーズは読むのに時間がかかりますが、最近はまっていますね!

2007/11/11 (Sun) 23:03 | EDIT | REPLY |   

翠香  

もはやライフワーク?

すくねさんも森ミステリ読んでいるんですね~♪
京極さんほどではないですが、本の厚みにちょっと怯みますね(^^;)
私も森ミステリにハマりつつありまして、先日続編を2冊買い込んできました~ でもS&Mシリーズのほか、Vシリーズ、四季シリーズ、Gシリーズ等々たくさんあるんですよね~v-404読破するのに何年かかることやら…。

2007/11/12 (Mon) 11:16 | EDIT | REPLY |   

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

Post a comment

1 Trackbacks

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  『冷たい密室と博士たち』森博嗣  感想
  • 同僚の誘いで低温度実験室を訪ねた犀川助教授とお嬢様学生の西之園萌絵。だがその夜、衆人環視かつ密室状態の実験室の中で、男女二名の大学院生が死体となって発見された。被害者は、そして犯人は、どうやって中に入ったのか!?S&Mシリーズ第2作目、今回も”理系”ミ..
  • 2007.10.28 (Sun) 16:04 | まったり感想日記