Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 島田荘司 > 御手洗潔 > 【占星術殺人事件】 島田荘司

【占星術殺人事件】 島田荘司

 10, 2015

◆◇◆新本格派の源流!◆◇◆

御手洗潔シリーズ1
長編
講談社
1981.12
  講談社ノベルス 1985.2
  講談社文庫 1987.7
  光文社文庫 1990.11
  講談社ノベルス[改訂完全版] 2008.1
  南雲堂 2008.2
  講談社文庫[改訂完全版] 2013.8
【東西ミステリーベスト100】日本編第3位


■あらすじ

密室で殺された画家が遺した手記には、六人の処女の肉体から完璧な女=アゾートを創る計画が書かれていた。その後、彼の六人の娘たちが行方不明となり、一部を切り取られた惨殺遺体となって発見された。事件から四十数年、迷宮入りした猟奇殺人のトリックとは!? 名探偵御手洗潔を生んだ衝撃作の完全版登場!
(講談社文庫より)

■感想
先日、この御手洗潔シリーズがドラマ化されたのを機に、まずは1作目から読んでみました。
本作のことはこのブログを始める前から知っており、タイトルに惹かれたものの、
六人の女性の肉体から完璧な女性を作り上げる、という内容がグロ過ぎて受け入れられなかったのです。
しかし、今こうして新本格派といわれる作品を多数読むようになって、
その源流を知らないのはどうなのかと思うようになりました。
そんな折、講談社文庫から改訂完全版が出たので、
どうせ読むならこちらで・・・とようやく重い腰を上げた訳です(笑)
確かに猟奇的な事件ですが、リアルタイムな事件ではなく、主に手記からの情報だった為、
グロさはさほど気になりませんでした。自分に免疫が出来たせいかもしれませんが(^^;)
これならもっと早く読めばよかった!

御手洗潔はかなりエキセントリックなキャラクターですね(^^;)
偏屈で口が悪いのは、名探偵の専売特許かも(笑)
相棒の石岡和己は御手洗とは腐れ縁という感じですね。
「何の因果であんな半狂人と友達になってしまったのか、前世でよほど悪いことをしたのかもしれない。」
と述懐しているのにはウケた(^▽^)
それでも御手洗の才能は認めているし、いつも御手洗のことを気遣っている。この2人の関係性がいい。
御手洗はホームズのことを散々こき下ろしていますけど、御手洗自身、かなりホームズっぽいですよ(笑)
御手洗と石岡の関係がまさにホームズとワトソンという感じ。

40数年前、世間を震撼させた梅沢家殺人事件。
当主梅沢平吉の手記には、後妻の連れ子2人、実娘2人、姪2人の六人の娘の身体から
1つずつ良いパーツを集め、完璧な女性[アゾート]を創り出す計画が書かれていた。
しかし平吉は[アゾート]を制作する前に、二重密室の状態で殺害されてしまう。
次に長女が殺され、そして平吉の手記の通りに身体の一部が欠損した六人の娘の遺体が発見される──。

占星術、錬金術、祭祀、座標軸など様々な薀蓄が飛び交い、頭がぐるぐるし、半ば諦めムードに。
何が何やらさっぱりの状態なのに、やってきましたよ例のア・レ──読者への挑戦が。
ギブアップしようかと思ったけれど、謎を解く鍵が鼻先に突きつけられているって言うじゃないですか。
直前のヒントから閃くものがあり、犯罪ストーリーを構築してみたのですが・・・。
結果は犯人は当てたけど、推理がまるでダメまさか前提条件から覆されるとは!
う~ん、実に見事なトリックですね!久々にスカッとしました

犯人が御手洗に宛てた手紙には、やっぱりそういうことがあったのだなということが書かれていて、
しんみりしてしまいました。殺意を抱くほどのことではないのかもしれませんが、大いに同情しますね。
御手洗もそれが分かっていたのか、犯人に対しては優しかったですね。ちょっと好感度upです

このシリーズを追いかけるか、キャラを見て決めようと思っていましたが、
かなりいい感じなので、読み進めてみようと思います♪

■評価(5個が最高:★は1点、☆は0.5点)

 ◆トリック度267267267267267
◆満足度★★★★☆

■こんな方におすすめ!

  • 本格推理が好きな方
  • 謎解きに挑戦したい方
  • 占星術に興味がある方
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:島田荘司 御手洗潔

COMMENT 4

Wed
2015.03.11
20:41

mokko

URL

これ!

実は別の作家さんのホラーミステリ(怖くないです)の中で
猟奇連続殺人事件が発生してて、主人公の会話の中に
本作が出てくるんですよ。
読みたい!と思って、そのままになってましたぁ~(^◇^;)
翠香さん的にも面白かったみたいですね
やっぱりチェックしたものは、即購入した方がいいのですねぇ~

Edit | Reply | 
Thu
2015.03.12
00:14

翠香

URL

mokkoさんへ

確かに猟奇的な殺人事件が起きているのですが、全然グロくなかったです。
途中の薀蓄話がちょっとうっとうしかった(しかも推理に関係なし^^;)けど、
トリックには感動しましたね。
久々のヒット!って感じです(^^)

気になった本は読メの「読みたい本」に登録しておかないと忘れてしまいますね~。
私の場合、購入しても積読したまま忘れている本も多いのだけど(^^;)

Edit | Reply | 
Sun
2015.03.15
19:06

だの

URL

初めまして。
このブログはちょっと前から知ってましたが、好きな作品の記事が投稿されたので、コメントしてみました(^_^)

これは大胆なトリックだけでなく、あるものがミスディレクションとしてしっかり機能しているのが上手いですよね。
御手洗シリーズは、僕もそれほど多く読んだわけではないですが、次の「斜め屋敷の犯罪」は読んでほしいですね。面白いですよ!

Edit | Reply | 
Sun
2015.03.15
23:46

翠香

URL

だのさんへ

だのさん、初めまして。コメントありがとうございます!

そうそう、石岡の見たマネキンがもしかして…なんて疑っていたので、これにはやられました!
御手洗シリーズ、今まで読まず嫌いでいたことを後悔しています。
面白かったので、ぼちぼち読み進めようと思っています(^^)

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?