Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 森博嗣 > 真賀田四季 > 【四季 夏-Red Summer】 森博嗣

【四季 夏-Red Summer】 森博嗣

 22, 2015

◆◇◆恋という名の媚薬◆◇◆

真賀田四季シリーズ
長編
講談社ノベルス 2003.11
  講談社文庫 2006.11


■あらすじ

十三歳。四季はプリンストン大学でマスタの称号を得、MITで博士号も取得し真の天才と讃えられた。青い瞳に知性を湛えた美しい少女に成長した彼女は、叔父・新藤清二と出掛けた遊園地で何者かに誘拐される。彼女が望んだもの、望んだこととは?孤島の研究所で起こった殺人事件の真相が明かされる第二弾。
(講談社文庫より)

■ヒロイン
 真賀田四季(13~14歳)

■感想
四季シリーズ第2弾。「春」からさらに5年後、真賀田四季が13歳~14歳の頃のお話です。
本作はもう、S&MシリーズとVシリーズの主要キャラ総出演!という感じなので、
ファンには美味し過ぎる1冊ですね(^^)
といっても西之園萌絵、小鳥遊練無、香具山紫子は出ていないのだけど・・・。
れんちゃんしこちゃんにはもう会えないのかな・・・ふえ~ん、さみしいよお

ここへ来て色々なことが明らかになりましたね
特に林に関しては、Vシリーズを読んできた方にはずっと疑問な点があったと思います。
一応Vシリーズ最終作【赤緑黒白】でほのめかされているのですが、
本作ではっきりと彼の口からある事実が告げられます。四季と対面している時なので、印象的なシーンです。

高校時代の犀川&喜多も登場♪これはファンサービスショットかな。
なんとここで四季とニアミスしていたのですね!
四季と泥棒さんとの出会いも刺激的。
普通、こんな状況下に置かれたら、とても冷静ではいられないと思うのですが、
四季は死をも恐れてはいないようだし・・・そもそも四季には恐れという感情が欠落しているように思える。
そして各務さんが泥棒さんのことをこれほどまでに思っていたとは!
いっつも無茶ぶりばかりしていたのに、とんだツンデレでしたねぇ(*^^*)
それに紅子さんに嫉妬していたとはねぇ。

天才・真賀田四季もお年頃。好きな人が出来ました。でもどうすればいいのかが分からない。
「春」では生意気で可愛げのない子供だと思いましたが、
初めて普通の女の子らしい一面を見せたことで、ほんのつかの間ではありましたがホッとしました。
本で調べても分からないという所がいかにも四季らしい(^^;)
マンガや小説ならある程度シュミレーション出来たと思うのですが・・・。
書物等であらゆる知識を吸収していても得られないのが「経験」なのですね。

でも好きになる相手が悪かった。実の叔父では・・・。何故そこまで結果を急ぐ必要があったのだろう
そして世間を震撼させた両親殺害事件へと繋がっていきます。
私は新藤のことをちょっと誤解していました。もっと打算的な人なのだと。
でも彼こそが本当の被害者だったのかもしれません。
最後まで叔父としての理性を保てなかったことは残念だけど、それさえも四季の策略の内でしたから。
いったい女を使うなんてテクニックをどこで覚えたんだか
また四季の両親にも問題があったのですね。

ここまでで過去を埋める作業はおしまい。妃真加島の事件後に失踪した四季を追う「秋」へ続きます。

■評価(5個が最高:★は1点、☆は0.5点)

 ◆トリック度267
◆満足度★★★★

■こんな方におすすめ!

  • S&Mシリーズ、Vシリーズを読破した方
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:森博嗣 真賀田四季 四季シリーズ

COMMENT 2

Sun
2015.03.29
08:45

mokko

URL

q(≧∇≦*)p ウキャッ

この巻が一番燃えそうですねぇ~
読むときは電車で小躍りしないように気を付けないと・・・
でもむちゃくちゃ楽しそうヾ( 〃∇〃)ツ ウキャッ
過去を埋める作業・・・なるほど
あぁ~うずうずしてきましたぁ~(^◇^;)

Edit | Reply | 
Mon
2015.03.30
00:26

翠香

URL

mokkoさんへ

これはシリーズキャラがたくさん登場するので楽しいですよ!
S&MシリーズとVシリーズの繋がりもハッキリ分かります。
色々分かってくるとニマニマできるシーンが増えます(^ー^)
電車で読むときは怪しい人にならないよう、要注意ですね(笑)

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?