Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 恩田陸 > 【蛇行する川のほとり】 恩田陸

【蛇行する川のほとり】 恩田陸

 26, 2015

◆◇◆ひと夏のネバーランド◆◇◆

恩田陸(シリーズ外)
長編
中央公論新社 2004.11
  中公文庫 2007.6
  集英社文庫 2010.6


■あらすじ

憧れの存在であった高校美術部の上級生・香澄と芳野の二人から、夏休みに演劇祭の舞台背景画を描き上げるための「合宿」に誘われた毬子。胸躍らせて「船着場のある家」に赴いた彼女を待ち受けていたのは、遠い夏の日に封印されたはずの秘密だった・・・・・・。ノスタルジーの語り部・恩田陸が紡ぐ永遠の少女たちの物語。

(中公文庫より)

■感想
テーマ読み「水」、2番手は【蛇行する川のほとり】です。
恩田作品は他にも候補があったのですが、本作は夏のお話だったので、タイムリーでした(^^)

本作は、第一部、第二部、第三部、終章からなる四部構成の物語です。
第一部では毬子という少女の視点で描かれていた為、てっきり毬子が主人公のお話だと思っていました。
ところが第二部に入ると他の人物の視点に変わるので、ちょっと面喰いました。
実は四部それぞれ別の語り手によって進行していくお話だったのです。
確かに毬子は第一部の終わりにショッキングな話を聞かされたため、
第二部のほとんどを床に臥していた状態だったので、語り手を担うのは無理でしたけど(^^;)
語り手が変わることにより、登場人物の新たな側面を垣間見れたのは面白かったです。

毬子の憧れの先輩である香澄や芳野、香澄のいとこでナイフのような瞳の月彦、
中性的な雰囲気を持つ美少年・暁臣は皆ミステリアスで、
彼らが一つ屋根の下に集まったらきっと何かが起こりそうでハラハラドキドキ
その中に一人飛び込んでしまった毬子の身を案じていました。
しかし暁臣がちょっと「おいた」はしたものの、意外に健全な「合宿」だったので、拍子抜け
ここで綾辻作品なら連続殺人事件が起きるのだろうな~(^^;)

彼らは10年ほど前に「船着場のある家」で起きた事件について語り始めます。
船着場に繋がれていたボートが下流に流され、中にこの家に住んでいた女性の絞殺死体が発見されたという。
犯人は捕まっておらず、事件は迷宮入りに。
また同じ日に近くの野外音楽堂の屋根に登った女の子が落ちて死んでいた。二つの事件の関連は?
話し合ううちに彼らが何らかの形で二つの事件に関与していたことが明らかになります。
事件を受け止めるにはまだ幼過ぎた時分に・・・。
そして思いがけない形で彼らに悲劇が襲いかかる──。

正直この展開は予想出来ませんでした。
恩田作品は有耶無耶のまま終わってしまうものが多いので、これでまた藪の中かと内心嘆息していたのですが、
ある人物が探偵役となり、謎解きを披露したのには驚きました。
でもこの人物の推理にはいくらなんでも無理があるなと感じていました。
そして終章の語り手から明かされる真実にさらに驚愕。

実にミステリ的な企みに富んだお話で、私としては【木曜組曲】以来のヒット
【木曜組曲】は大人の女性たちのお話でしたが、これは少女たちの物語。
(少年も登場するけど、彼らは脇役なんですね^^;)
始めから何となく百合の雰囲気はありましたが、そうではなく、
罪の共有とか、友情とか、耽美的でありながらも深い心の結びつきを彼女たちに感じました。

■評価(5個が最高:★は1点、☆は0.5点)

 ◆トリック度267267267267
◆満足度★★★★

■特におすすめ!

  • 女性の方72
  • 学園ものが好きな方

◆テーマ読み「水」◆
テーマ読み「水」

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:恩田陸

COMMENT 2

Tue
2015.07.28
20:22

mokko

URL

w(゚o゚)w オオー!

恩田作品に嵌った時に読みましたぁ~
章ごとに視点が違うってのも気に入ってました。
確かに有耶無耶に終わる話が結構ある中で
この作品と木曜組曲はいいですよねぇ~
ちなみに映画も結構よかったですよ♪
結末が違うところが♪

Edit | Reply | 
Tue
2015.07.28
23:41

翠香

URL

mokkoさんへ

実はこれ、あんまり期待していなかったのだけど、
いい意味で裏切られましたよ~(^^)
年間ベストテン候補かも。
そういえば木曜組曲、スカパーでやっていたのを録画したのだった!
原作と結末が違うのですね。
でも原作もうろ覚えになったきたな~(^^;)

Edit | Reply | 

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?