Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 映画 > 映画【脳内ポイズンベリー】

映画【脳内ポイズンベリー】

 30, 2016

◆◇◆頭の中の会議室は大混乱◆◇◆

制作年 2015年
時間 121 分

B014141GIK脳内ポイズンベリー スペシャル・エディション(Blu-ray2枚組)
東宝 2015-11-25

by G-Tools

■CAST
  櫻井いちこ     :真木よう子
  理性/議長(吉田):西島秀俊
  ポジティブ(石橋) :神木隆之介
  早乙女        :古川雄輝
  越智さん       :成河
  ネガティブ(池田) :吉田羊
  衝動(ハトコ)    :桜田ひより
  記憶(岸さん)    :浅野和之

■STAFF
  監督:佐藤祐市
  脚本:相沢友子
  原作:水城せとな 『脳内ポイズンベリー』(集英社「クイーンズコミックス」刊)

■STORY

先日の飲み会で会い少し魅力を感じていた23歳の早乙女を見かけた30歳の櫻井いちこは、どうするべきかどうかあれこれ考えた末に、勇気を出して彼に話しかける。あれこれ考えを巡らせながらもついに早乙女とベッド・イン。しかし、いちこの年齢を知り引く彼の様子にショックを受けてしまう。そんな中、彼女の前に頼れる存在である仕事相手、越智が現れる。脳内会議が紛糾し通しのいちこの恋の行方は……。

■感想
 タイトル画像

 この作品、劇場公開された時から、面白そう!と思っていたのですよ。
 DVD(ブルーレイ)がレンタル開始されたので、早速予約していて、やっと順番が回ってきました。
 予想に違わず面白かったです♪

 まずは予告編をどうぞ。↓
 

 何か物事の判断に迷った時、自分の中にいる複数の人格が押し問答を始める、
 というのは割とよくある設定ではあります。
 例えば、天使と悪魔とか。
 少し前のCMでは、「俺A」「俺B」「俺C」という3人の「俺」が押し問答をするものもありました。
 ですが、この作品では全く異なる5人の人格が脳内会議をするという設定が斬新ですね。
 あくまで櫻井いちこという女性(30歳・独身)の脳内の人格なのに、何故年齢も性別も異なる5人がいるのか?
 というより、何故一人一人吉田とか石橋だとかの名前が付いている!?(^^;)

 この5人のキャラクターが個性的で面白いですね。
 理性を司る議長・吉田は日和見主義で何だか頼りない感じ。
 『ストロベリーナイト』や『MOZU』のカッコいい西島はいずこ・・・
 ネガティブ・池田はエキセントリックなキャラクター。
 セリフ一つ一つにいちいち笑えてしまう(^▽^)
 もう吉田羊さん、はまり役ですよ(笑)
 衝動・ハトコ役の桜田ひよりちゃんは、なんと12歳だそう。
 ひえ~~っ!そんなに若かったんだ・・・。それにしては演技がしっかりしてますねぇ。
 脳内キャラ

 また脳内会議が紛糾して、収拾がつかなくなってくると、女王様キャラが登場します。
 これ、真木さん自身が演じているのだけど、SMの女王みたいです(^^;)
 脳内クイーン
 他の5人が女王様(?)に恐れをなしているのが笑える。
 彼女が出て来た時がワイルドカードを切る時、つまり、現実のいちこが暴走してしまう時なので、
 要注意なんですね。

 現実パートでは、櫻井いちこが二人の男性の間で揺れる様子が描かれています。
 いちこは恋に不器用で、ちょっとほわんとしたキャラクター。
 櫻井いちこ
 真木よう子さんは、『SP』や『MOZU』などでカッコいい女性刑事を演じていたので、
 かなりギャップがありますね。
 どうもこの映画の監督さんは、ギャップ狙いだったみたいです(^^;)

 いちこが早乙女のどこが気に入ったのか、いまひとつ分からなかったのですが、
 そういうのは理屈で割り切れるものではないからねぇ。
 傍からみれば、越智さんの方が誠実そうだし、包容力のある大人の男性に見えるのだけど・・・。
 それはいみじくも衝動で動くハトコの「早乙女好きっ!」、
 「越智さんいい人」「全然ときめかない」のセリフでいちこの気持ちがよく分かります。

 でも早乙女はまだお子ちゃまなので、すぐに衝突してしまう
 そして早乙女か、越智さんかどちらかを選ぶ必然性に迫られる。
 選べるだけ贅沢よね、と言えなくもないですが(^^;)
 しかし早乙女ってとことん間の悪い奴

 ラブコメですが、なかなか含蓄のあるセリフもありますね。

 「大事なのは、誰を好きかじゃない、誰と一緒にいる自分を好きかということだ」

 「自分を好きにならなければ、幸せにはなれない」

 そうなんだよね~。
 好きな人と一緒にいても、自分を押し殺して相手に合わせているのは辛いだけだし・・・。
 自分らしくいられることが一番なんだよね。

 ちょっと意外なラストでしたが、すがすがしい気持ちになりました(^^)

■評価(5個が最高)

◆満足度 ★★★★

■特におすすめ!

  • 女性の方
  • ラブコメが好きな方

■参考
  映画『脳内ポイズンベリー』公式サイト

  ▲原作本です
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:映画 脳内ポイズンベリー 真木よう子 西島秀俊 神木隆之介 吉田羊

COMMENT 0

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?