Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > ドラマ > 臨床犯罪学者 火村英生の推理(ドラマ) > ドラマ【臨床犯罪学者 火村英生の推理】 第3話『准教授の身代金』

ドラマ【臨床犯罪学者 火村英生の推理】 第3話『准教授の身代金』

 01, 2016

『臨床犯罪学者 火村英生の推理』第3話は、『准教授の身代金』です。

■放送日時
2016年1月31日(日) 日本テレビ系列 22:30~23:24

■番組名
臨床犯罪学者 火村英生の推理 第3話『准教授の身代金』

■原作
有栖川有栖 『助教授の身代金』(講談社文庫「モロッコ水晶の謎」所収)

■CAST
  火村英生      ・・・斎藤工
  有栖川有栖     ・・・窪田正孝
  小野希        ・・・優香
  貴島朱美      ・・・山本美月
  八十田宗則     ・・・マキタスポーツ
  諸星沙奈江     ・・・長谷川京子
  鍋島久志      ・・・生瀬勝久
  篠宮時絵      ・・・夏木マリ
  ---------------------------------------
  志摩恵里香     ・・・西田尚美
  城戸誉        ・・・児嶋一哉
  志摩征夫      ・・・飯田基祐
                         ほか

■あらすじ

ドラマで准教授役を演じて人気を博す俳優の志摩が誘拐され、京都府警が極秘捜査を開始。火村と有栖は、鍋島の依頼で志摩の自宅に駆け付ける。 志摩の妻・恵里香によると、彼女が出張先の九州から京都に戻ってきた矢先に犯人から脅迫電話がかかってきたという。犯人は身代金3000万円を要求し、警察に届けたら志摩の命はないと恵里香を脅迫。恵里香は警察に知らせないつもりだったが、誘拐を知った志摩のマネージャー・城戸が通報したのだった。警察の捜査が続く中、志摩の自宅に差出人不明の荷物が届く。中身は、志摩のものと思われる髪の毛の束と脅迫状だった。脅迫状の内容は「用意した金をカバンに入れて明日、指定した列車に乗れ」というものだった。警察がそばにいることが分かったら志摩の命も失われると脅された恵里香は、鍋島ら刑事の同行を拒絶。代わりに、火村と有栖が身代金の受け渡しに行く恵里香と同行することに。 翌日、金を持った恵里香が犯人の指定した列車に乗り、火村と有栖も同行。しかし、同じ列車にずっと乗り続ける恵里香に、犯人からは何の接触もない。火村は、犯人が警察の介入を前提に計画を立てていると断言。結局、この日は空振りに終わる。 まもなく、志摩の遺体が廃墟で発見される。火村と有栖は、遺体発見現場へ。鑑識の結果、志摩は別の場所で殺害された後に廃墟まで運ばれ、恵里香が脅迫電話を受けた時点ですでに死んでいたことが判明する。しかし、恵里香は、脅迫電話で志摩の声を聞かされたと証言していた。火村は、犯人の目的が最初から志摩の殺害だったのではないかと推理。恵里香の犯行とも考えられたが、九州にいた恵里香が遺体を遺体発見現場の廃墟まで運ぶことは不可能だった。火村と有栖は、事件のカギを握る恵里香に、詳しく話を聞きに行くことに。そして、事件は意外な展開を見せる…。
(番組HPあらすじより)

■感想
大家さん、すっかり悪乗りしてきましたねぇ(^^;)
原作と著しくキャラが違うのが、この大家さんなんですよね。
ちなみに大家さんが出題した判じ物(?)の元ネタは、
『ペルシャ猫の謎』(短編集)収録の『暗号を撒く男』です。
小ネタの出典探しも毎度おなじみになってきましたね(^^;)
しかし、「乙女は私」はいくらなんでも無理がある・・・

今回も火村の萌えポイントあり
アリスの頭をポンポン。2回ありましたね。いいなぁアリス(オイ!)
この2人、やっぱり同級生には見えないよねぇ。
火村の講義をニヤニヤしながら聴講するアリス・・・楽しそう(笑)
火村の講義、受けてみたいなぁ。
しょっちゅうフィールドワークに出かける為、やたらと休講が多いので、講義は貴重ですよ。
しかし二人ともカレーに醤油やらソースやらをぶっ掛けてましたが・・・これだけはNG(^^;)

火村は考える時、人差し指で唇をなぞる癖があるのですが、
先週もやっていたけれど、今週もやっていましたね。
工くんがやるとなんだかセクシーだ(*^^*)

第3話の原作は、シリーズ15作目の『モロッコ水晶の謎』(短編集)所収の『助教授の身代金』。
内容としては、ほぼ原作通りなのですが、見せ方が違っていました。
時間の都合かもしれないけれど、恵里香の犯行が始めから露呈していました。
これ、原作通りにもう少し後ろまで伏せておいた方が良かったのではないかな?
死体を「誘拐」するなんて前代未聞ですが、誘拐犯は恵里香の犯行を知っているのですから、
身代金の要求にも従うはずだし、警察の介入も頑なに拒むはず。
後で分かる方が、だからあの時あんなに警察を拒んでたのか~となるわけで。
それに誘拐犯もすぐ分かっちゃいますよね。児嶋だよー!(笑)

火村と諸星沙奈江が初めて接見しましたが、キスするんじゃないかと思うぐらい顔を近づけてましたね(^^;)
火村とシャングリラ十字軍がどのように関わり、対決していくのか?
火村の心の闇が何なのか?謎の少年は何者なのか?などまだまだ謎は多いですね。

さて第4話は、『ダリの繭』です。
原作は初の長編なのですが、1時間で表現できるのか、気になるところです。
予告編を見ましたが、岩城晃一さん、凄くダリっぽい!
あのカプセルも作ったんですねぇ。
アリスの初恋(学ラン着てましたね!)も気になるぞ~

■参考

臨床犯罪学者 火村英生の推理 | 日本テレビ
▲番組ホームページです。

【モロッコ水晶の謎】 有栖川有栖 | ミステリー処【love knot】
▲原作レビューはこちら

▼原作本です。

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:有栖川有栖 火村英生 斎藤工 窪田正孝

COMMENT 0

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?