Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > ドラマ > 臨床犯罪学者 火村英生の推理(ドラマ) > ドラマ【臨床犯罪学者 火村英生の推理】 第5話『ショーウィンドウを砕く』

ドラマ【臨床犯罪学者 火村英生の推理】 第5話『ショーウィンドウを砕く』

 15, 2016
#05

『臨床犯罪学者 火村英生の推理』第5話は、『ショーウィンドウを砕く』です。

■放送日時
2016年2月14日(日) 日本テレビ系列 22:30~23:24

■番組名
臨床犯罪学者 火村英生の推理 第5話『ショーウィンドウを砕く』

■原作
有栖川有栖 『ショーウィンドウを砕く』(KADOKAWA「怪しい店」所収)

■CAST
  火村英生      ・・・斎藤工
  有栖川有栖     ・・・窪田正孝
  小野希        ・・・優香
  貴島朱美      ・・・山本美月
  八十田宗則     ・・・マキタスポーツ
  諸星沙奈江     ・・・長谷川京子
  鍋島久志      ・・・生瀬勝久
  篠宮時絵      ・・・夏木マリ
  ---------------------------------------
  夕狩正比古     ・・・宅麻伸
  愉良         ・・・小島梨里杏
                         ほか

■あらすじ

ある日、火村は、朱美から相談を受ける。火村が准教授室に朱美を迎え入れて話を聞こうとすると、部屋に差し込む夕陽を怖がる朱美。そんな朱美の様子から、彼女の火に対するトラウマを言い当てる。朱美は、15歳の時に暮らしていた親戚の家が放火で焼け落ち、叔父が火だるまになって死んでいくのを目の当たりにしたことを打ち明ける。朱美の相談とは、2年前に知人が殺されたのだが犯人が分からず、事件が迷宮入りしそうなのだという。事件の概要を聞いた火村は興味を持ち、調べることを朱美に約束する。 そんな中、タレントの愉良(小島梨里杏)が自宅で殺された。遺体の第一発見者は、愉良の所属事務所の社長で恋人だった夕狩正比古。火村とアリスは、事件現場へ向かい、正比古から話を聞く。 正比古によると、愉良の部屋を訪ねたが応答がないので合鍵を開けて入ったところ、ソファで愉良が死んでいたのだという。部屋の中は、荒らされていた。 部屋の鍵は、愉良本人が持つ2つと正比古が1つ持っており、全部で3つ。愉良は、殺される2日前に鍵を落としていた。その鍵を拾った何者かが侵入して愉良を殺し、金品を奪った強盗殺人と見られた。しかし実は、愉良を殺したのは、正比古だった。正比古が愉良を殺した動機とは? 完璧に見える正比古の犯罪を、火村とアリスはどのように解き明かしていくのか!?
(番組HPあらすじより)

■感想
放送日がバレンタインデーだったので、バレンタインがらみの話が出てくるかな?と思いましたが、
全くありませんでしたね(^^;)

今回は萌えポイントがあんまりなかったのですが、
火村が「聞かんといて~」(お手々スリスリ)とアリスの真似をしたのにはウケた(^▽^)きゃはは
アリスは「なんやそれ、もう!全然似てないわ」と言ってましたけど、ちょっと似てたよ(笑)
また、事件が終わって、ずんずん先に歩いていく火村を、
「オイ!待たれい!」と言いながら追いかけるアリスもちょっと可愛かった(^^)
アリスの関西弁にハマってきた

火村の超ロングコートとだぼだぼズボンのスタイルは、斎藤工さん自身のアイデアだそうです。
対照的にアリスは、今風のスリムなスタイルにしたのだとか。
ボサボサの髪にだぼだぼファッション・・・一見すると野暮ったい感じですが、
これって、和装と洋装とで違うとはいえ、金田一耕助を彷彿とさせるファッションなんですね。
意外なところにこだわりがあることを知りました。
でも長身の工くんが着ていると、これが結構様になっています。
コートの裾を翻す動作がマントのように見えて、カッコいい!(≧▽≦)

あ、そうそう、以前小野希はドラマオリジナルのキャラクターだと述べましたが、
原作では、大阪府警捜査一課の紅一点で高柳真知子というキャラクターがいるそうです。
この高柳真知子の愛称が「コマチ」というらしい。(マチコ→コマチの転換か?)
何故、名前を変えたのかはよく分かりませんが・・・。
小野に変えたのは、コマチからの連想だとは思うけれど。

第5話の原作は、『怪しい店』(短編集)所収の『ショーウィンドウを砕く』。
まだ文庫化されていない作品なので、文庫派の私は未読なのです。
という訳で、原作との比較が出来ないので、純然たるドラマレビューになります。

この作品は、珍しく倒叙ものでしたね。いわゆる「古畑任三郎方式」。
一話完結で、ゲストの顔ぶれを見ればおのずと犯人の予想がついてしまうので、
倒叙はドラマ向きだと言えます。
一見、事件とは関係のない世間話をしているように見せかけて、
犯人が言い逃れできないように、追い詰めていく。
火村とアリスの連係プレイが痛快でした
しわくちゃの千円札と交換した時、ははん、指紋だなとピンときました。

今回、アリスが珍しく激昂するシーンがありましたね。
原作ではどうだったのだろう。
窪田アリスは、原作よりも幾分ナイーブで、心の優しいキャラになっている気がします。

それにしても、今回の犯人は何故殺人を犯したのか、よく分かりませんでした。
動機なき犯罪?
でも相手が恋人となると、痴情のもつれとか何か気持ちに大きな変化があるものだと思うのだけど・・・。

さて第6話は、『朱色の研究』です。
ついに来ましたね。このドラマは『朱色の研究』とシャングリラ十字軍の二つが軸になっているのですが、
貴島朱美が抱えている悩みがここで明らかになります。

それから、日テレの3大ドラマのコラボ企画ということで、
第6話では、『怪盗山猫』の勝村とさくらが出演するようです。
火村&アリスは、2月17日の『ヒガンバナ』に乱入するとか。
こちらもちょっと楽しみ♪

■参考

臨床犯罪学者 火村英生の推理 | 日本テレビ
▲番組ホームページです。

▼原作本です。

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:火村英生 有栖川有栖 斎藤工 窪田正孝

COMMENT 0

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?