Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > ドラマ > 臨床犯罪学者 火村英生の推理(ドラマ) > ドラマ【臨床犯罪学者 火村英生の推理】 第7話『朱色の研究《後編》』

ドラマ【臨床犯罪学者 火村英生の推理】 第7話『朱色の研究《後編》』

 29, 2016
#07

臨床犯罪学者 火村英生の推理』第7話は、『朱色の研究《後編》』です。

■放送日時
2016年2月28日(日) 日本テレビ系列 22:30~23:24

■番組名
臨床犯罪学者 火村英生の推理 第7話『朱色の研究《後編》』

■原作
有栖川有栖 『朱色の研究』(KADOKAWA)

■CAST
  火村英生      ・・・斎藤工
  有栖川有栖     ・・・窪田正孝
  小野希        ・・・優香
  貴島朱美      ・・・山本美月
  八十田宗則     ・・・マキタスポーツ
  諸星沙奈江     ・・・長谷川京子
  鍋島久志      ・・・生瀬勝久
  篠宮時絵      ・・・夏木マリ
  ---------------------------------------
  六人部四郎     ・・・山本裕典
  大野夕雨子     ・・・上野なつひ
  宗像正明      ・・・鈴之助
  山内陽平      ・・・大高洋夫
  宗像庄太郎     ・・・田口主将
  宗像真知      ・・・高橋ひとみ
  緒方雅之      ・・・阿南健治
  吉本往次郎     ・・・平泉成
  ---------------------------------------
  シャングリラ十字軍構成員・鬼塚竜三 ・・・竹内涼真
  シャングリラ十字軍構成員・城照文   ・・・今野浩喜
  シャングリラ十字軍構成員・大石安奈 ・・・仁村紗和
                                   ほか

■あらすじ

朱美の叔父・陽平が殺害された"夜明け前の殺人"、2年前に朱美が慕っていたピアノ講師・夕雨子が殺害された"黄昏岬殺人事件"、6年前に朱美が遭遇した未解決の放火事件"真夜中の放火犯"。朱美の周りで起きた3つの事件はつながっていると考えた火村は、アリスらとともに黄昏岬へ向かった。火村とアリスは、鍋島ら警察と協力して黄昏岬殺人事件の手がかりを探す。夕雨子は、崖の下で撲殺された後、さらに崖の上から石を投げ落とされるという、残忍かつ不可解な方法で殺されていた。火村たちは、夕雨子が殺された時に現場近くにいた吉本に話を聞きに行く。吉本は、かつて京都府警の刑事だった。火村は朱美に話を聞き、6年前の放火以来、彼女がずっと悩まされている悪夢に秘められた深層心理を解き明かそうとする。朱美の夢に出てくるのは、放火で亡くなった庄太郎にガソリンを浴びせる陽平の姿だった。彼女は、自分が庄太郎を憎んでいたと火村に打ち明ける。火村は、朱美の夢の光景が実は夢ではなく、現実に見たものなのではないかと指摘する。朱美、朱美の従兄弟・正明、正明の母・真知、正明の後輩・六人部。火村は、すべての事件関係者を黄昏岬に呼び出す。彼は、事件関係者の中に犯人がいると断言し、まだ正体を現さない犯人に向けて"挑戦状"を突き付ける。 これまで得た手がかりから、思考をめぐらせる火村。3つの事件のつながりの謎を紐解いていくにつれ、朱美への疑惑がどんどん深まっていき…。その結果、火村自身が戸惑うほどの思いがけない結論にたどり着く…。
(番組HPあらすじより)

■感想
今回は、『朱色の研究』の解決編でしたが、なんかもうアレンジ入りまくりでしたね。
このドラマは割と原作に忠実に作られているので、評価していたのにな~

原作よりも登場人物が少ない上に、殺されてしまう人もいるので、
配役見ただけで犯人の予想がついてしまい、
犯人当ての楽しみがあまりないですよね。
原作では人物関係はもっと複雑なんです。
でも複雑にしてしまうと、2時間に収めるのは難しいか・・・仕方ないのかなぁ
だけど、登場人物を削ってしまったばかりに、容疑が朱美に降りかかってしまい・・・。
ええっ!まさか朱美が犯人!?・・・原作読んでいるこっちがびっくりしてしまった(^^;)
原作では特定された犯行時刻、朱美にはちゃんとアリバイがあります。
あの時間、アリバイがないのがただ一人に特定されるので、すっきりするのに・・・。
確かにこれでは「この犯罪は美しくない・・・かもしれない」(^^;)

それと、鍋島の同僚だった緒方刑事って、誰?
原作にはそんな人、出てこないのですけど・・・。
前回も気になっていたのだけれど、もしかするとシャングリラ十字軍がらみかもしれないので
あえて触れなかったのですけどね。
どうやらドラマの創作のようです。

またもや皆の前で、名探偵よろしく謎解きを披露する火村。
話の展開に合わせて、場面が崖の上になったり、大学の講堂になったりするのは、
演出としては面白かったのですが、
あんな芝居がかった火村は好きじゃない
しかも、この状況を楽しんでさえいる。
スタンドプレイもいいところです。
コマチさんにはあぶない奴と認識されたみたいだし・・・。
ここまでキャラ変えられると悲しくなってきますね。

さて第8話は、『アポロンのナイフ』です。
原作は『菩提樹荘の殺人』(短編集)所収作品。
これ、つい先日購入したばかり。読まなくっちゃ。
坂亦少年が朱美に接触しているのですが・・・なんだか危険な予感が。どうなる!?

■参考

臨床犯罪学者 火村英生の推理 | 日本テレビ
▲番組ホームページです。

【朱色の研究】 有栖川有栖 | ミステリー処【love knot】
▲原作レビューはこちら

▼原作本です。

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:ドラマ 臨床犯罪学者 火村英生 有栖川有栖 斎藤工

COMMENT 0

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?