Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > 内田康夫 > 浅見光彦 > 【「須磨明石」殺人事件】 内田康夫

【「須磨明石」殺人事件】 内田康夫

 06, 2008

◆◇◆名探偵は光る君!?◆◇◆

浅見光彦シリーズ58
長編
TOKUMA NOVELS 1992.11
徳間書店 1998.2
  徳間文庫 2000.3
  光文社文庫 2003.10
55TVドラマ化作品!(2000.3.27放送 主演:辰巳琢郎)

4334735622「須磨明石」殺人事件 (光文社文庫)
内田 康夫
光文社 2003-10-10

by G-Tools

■あらすじ

 大阪の新聞社に勤める新人記者・前田淳子が失踪した。依頼を受け、神戸に飛んだ浅見光彦は、淳子と最後に会った女子大の後輩・崎上由香里と捜索を始める。明石原人について取材中だった淳子は、当日二人連れの男を気にしていたという。足取りを追う浅見が発見したのは!?
 源氏物語の舞台となった風光明媚の地を血に染める悲劇。連続殺人の謎に浅見光彦が迫る!

(光文社文庫より)

■テーマ
 明石原人

■舞台
 兵庫県神戸市
     明石市

■ヒロイン
 崎上由香里(20歳・神戸女子大2回生)

■感想
 新年初投稿はやっぱり浅見光彦シリーズです!(笑)

 『旅と歴史』の藤田編集長の大学の友人で、大阪の新聞社に勤める男が浅見家を訪れた。新人記者の女性が行方不明になっているので、捜査を依頼に来たのだ。浅見は乗り気ではなかったが、女性記者を見殺しにした前例(【朝日殺人事件】参照)があるので、引き受けることに。

  「須磨明石」ということで、源氏物語がらみの話かと思ったのですが、残念ながら源氏物語とのからみはあまりなし。どちらかといえば、テーマにあげた「明石原人」がらみの話となっています。でも、ヒロインの崎上由香里は、浅見がある女性を説得している様子を見て、光源氏のように女性を誑かす男だと思ったようです(笑) 光源氏が女性を誑かしているかどうかはともかく、浅見ちゃんにそんな甲斐性があったら、今頃居候は廃業していますよねぇ。浅見もモテるのだから、光源氏のせめて10分の1でもバイタリティがあれば・・・ねぇ。

  浅見は結構、食いしん坊で、取材や捜査でいろいろな土地に出かけていっては、その土地の名物を楽しみにしているのですが、「名物に旨いものなし」で、ハズレも多いみたいです。でも、今回は、お好み焼きや、関東煮(「おでん」のことです)を堪能したようです。そうそう、おでんのことを関西では「関東煮」というのも初めて知りました。それから明石では、タコ焼きのことを「玉子焼き」と呼ぶそうです。普通のタコ焼きとは違って、小麦粉の代わりにタマゴを使うそうです。う~ん、食べてみたい(笑)

  この作品が書かれたのは、1992年で、阪神・淡路大震災の起こる前なのですよね。私も震災前に、神戸を訪れているので、感慨深いです。作中で、崖崩れを心配するくだりがあるのですが、その地域は地震で壊滅的な被害にあったのではないかと推察されます。

  さて、事件の方は、あまりに短絡的な犯行で、トリックなんてあったものではありません。罪を犯すと疑心暗鬼になってしまうものなのでしょうか。ただ、大どんでん返しとまではいかないですが、真犯人については意外性がありました。でも、浅見が気付くのが遅いのですよね・・・。探し物をしていて、目の前にあるのに気付かない・・・そんないらだちを感じました。

 ちなみに、本作はテレビドラマ化されておりますが、辰巳光彦の最後の作品となりました。この年の9月に光彦役を、沢村一樹さんにバトンタッチしています。

■評価(5個が最高)

 

◆トリック度

267

◆冷や汗度

404404

◆満足度

★★★

■特におすすめ!

  • 考古学に興味がある方
  • 源氏物語に興味のある方
関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:浅見光彦 内田康夫

COMMENT 0

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?