ドラマ【臨床犯罪学者 火村英生の推理】 第10話『ロジカル・デスゲーム』

author photo

By翠香

タイトル画像#10

『臨床犯罪学者 火村英生の推理』第10話は、『ロジカル・デスゲーム』です。

■放送日時

2016年3月20日(日) 日本テレビ系列 22:30~23:24

■番組名

臨床犯罪学者 火村英生の推理 第10話『ロジカル・デスゲーム』

■原作

有栖川有栖 『ロジカル・デスゲーム』(光文社「長い廊下がある家」所収)

■CAST

  火村英生      ・・・斎藤工
  有栖川有栖     ・・・窪田正孝
  小野希        ・・・優香
  貴島朱美      ・・・山本美月
  八十田宗則     ・・・マキタスポーツ
  諸星沙奈江     ・・・長谷川京子
  鍋島久志      ・・・生瀬勝久
  篠宮時絵      ・・・夏木マリ
  ---------------------------------------
  シャングリラ十字軍構成員・鬼塚竜三 ・・・竹内涼真
  警視庁・公安部・井出護          ・・・渡邊紘平
                                   ほか

■あらすじ

諸星が姿を消し、次なる犯行が懸念される中、不気味なメッセージを受け取った火村。「ターゲットは、火村英生に一番近い女」という言葉とともに、顔を塗りつぶされた朱美、時絵、小野の写真が添えられていた。その送り主は、諸星と見られた。諸星のターゲットが朱美たち3人の女性と予告されたことから、警察が3人を警護することに。 火村は、アリスを危険な目に遭わせてしまったことで自責の念にかられていた。そんな火村にアリスは、火村と自分の関係をシャーロック・ホームズと助手のワトソンに例えて、命を懸けても惜しくないほどの火村への深い思いを語るのだった。 火村が下宿に帰ると、諸星が待っていた。諸星は「人を殺したいという願望をかなえさせてあげる」と火村を挑発し、さらに「殺す相手は私だ」と告げる。 諸星は火村に、あるゲームを持ちかける。そのために、3つのグラスとワイン、一人分の致死量となる猛毒トリカブトの入ったカプセルが用意されていた。火村が抑え込む殺意を煽り、死を賭けたスリルを楽しむ諸星。火村は、諸星が仕掛けた"死のゲーム"を受けて立つ。火村と諸星、最終決戦の行方は!?そして、火村とアリスの二人を待ち受けるのは、ハッピーエンドか?バッドエンドか?
(番組HPあらすじより)

■ドラマを視聴して・・・

原作紹介とドラマとの違い

原作は、「長い廊下がある家」(短編集)所収の『ロジカル・デスゲーム』。
トリカブトによる自殺者が相次いで発生。実はただの自殺事件ではなく、
自殺見届け人を名乗る人物から、百万円を掛けたゲームを持ちかけられたという。
そのゲームの名が『ロジカル・デスゲーム』。
火村はその人物の罠に嵌り、無理やりゲームをさせられる羽目になる。

・・・といった内容で、シャングリラ十字軍とのからみはありません。
ドラマでは、『ロジカル・デスゲーム』のゲーム内容のみを流用し、
ストーリーはぼぼドラマオリジナルです。

ロジカル・デスゲーム解説

火村が諸星沙奈江から持ちかけられた、ロジカル・デスゲーム。
ドラマの中でも解説されていましたが、理解出来たでしょうか?
よく分からなかった方の為に、ちょっと解説してみましょう。

3つのグラスの1つに毒が入っており、どれか1つのグラスを選ばなければならない時、
毒入りグラスを選んでしまう確率は1/3(3分の1)です。

まず初めに、プレイヤーが赤のグラスを選んだとします。
赤のグラスに毒が入っている確率は1/3。
一方、赤のグラスに毒が入っていない(=青または緑に毒が入っている)確率は2/3となります。

*赤のグラスを選んだ時、毒が入っている確率

ゲーム画像1

次に相手は、毒の入っていない緑のグラスを取り除きます。
ここでグラスは赤と青が残るので、どちらかに毒が入っていることになり、
確率は1/2になると考えがちですが、そうはならない。
緑に毒が入っていた確率(1/3)も青が引き継ぐことになるので、
確率はグラスが3つあった時と変化しないのです。

ゲーム画像2

ちょっと分かりにくいでしょうか?
では、グラスが100個あったとしたらどうでしょうか。

*グラスが100個あった場合
ゲーム画像3

赤のグラスを選んだとして、赤のグラスに毒が入っている確率は1/100です。
確率は極めて低くなり、まあまずセーフでしょう。

次に、3個の時と同様に安全な98個のグラスを取り除きます。
ここで、「選んだグラスを替えてもいいですよ」と言われて、あなたはグラスを替えますか?

替えないですよね。

だって、残ったグレーのグラスには、ぼぼ間違いなく毒が入っていますからね。
実に確率は99/100です。
そう、二つのグラスが残ったからといって、確率が1/2ずつになったりはしないのです。

ゲーム画像4

なので、二回目の選択でグラスを替えてしまうと、
みすみす毒入りの確率の高い方を選んでしまうことになるのです。
もちろん、最初に選んだグラスに毒が入っている確率も存在するので、
必勝法は残念ながらありません。

でもこれ、メンタリストDaiGoなら簡単に見破ってしまうだろうな~(^^;)

ターゲットは、火村英生に一番近い女

朱美、時絵、小野の3人のうちの誰かがターゲットだと匂わされていたのですが・・・結局はブラフ。

「私はあなたの傍にいる」

諸星沙奈江のメッセージから、自分に一番近い女は諸星であると気付いた火村。
下宿に戻ると、案の定諸星がいた。
火村は、諸星から警察署を爆破したと脅され、ロジカル・デスゲームを受けることに。

この部分がどうもよく分からない。
ゲームに強制的に参加させるために、警察署を爆破する、と脅すなら分かるけれど、
否応なしにドッカーン!じゃあ脅す意味ないではないか。
ここはまず、小規模な爆破の映像を見せ、拒めば次はもっと大規模な爆破を起こすと脅すべきなのでは?
どちらかというと、脅したというより、火村の人を殺したいという欲望を掻き立てたという感じですね。

諸星はどうやら火村に惚れてしまったようですね。
ドラマ【臨床犯罪学者 火村英生の推理】 第8話『アポロンのナイフ』でも書きましたが、
化粧も濃くなったし、恋する女性の顔になっていました。
火村の背後からネクタイを外し、目隠しをさせた仕草、エロかった~。
しかし、惚れた男の為に自分の命をも差し出そうというのか?
自分の思い通りにしたいと言っていたのに・・・やっぱりよく分からない(^^;)

真の友

原作でも火村とアリスはかなり仲がいいのですが、ドラマではさらに輪がかかっている感じがします。
時絵さんに「後はお若いお二人で」なんて言われてしまうし(笑)
まるでお見合いみたいじゃないか(^^;)
そんな風に言われて、皆がニヤニヤしながら退場したら、もう当事者としてはかなりこっ恥ずかしいぞ
もはや公認の仲のようで・・・そうなの?そういうことなの?
そういえば、火村はアリスの頭をポンポンしていたし・・・。
・・・これ以上想像するのはやめとこう(^^;)

シャーロック・ホームズを過剰に意識

名探偵に対して、助手の立場の人物を指して「ワトソン役」と呼ぶことはよくあります。
なので、火村をホームズ、アリスをワトソンに準えることはそれほど珍しいことではないのですが、
諸星沙奈江をホームズの宿敵・モリアーティ教授に準えて、ご丁寧に決闘のシーンまで演出するとは!

ライヘンバッハの滝から落ちたホームズとモリアーティと同様、ダムから消えた二人。
そして、ホームズと同じく、火村のみが生還。
(注:ホームズはライヘンバッハで一度死んだことになっているのですが、
読者から抗議が殺到して、生き返らせたという経緯があります。^^;)
そこまでシャーロック・ホームズを真似たストーリーにする必要はなかったと思うのですが・・・。
むしろ疑問点が多すぎる。

  • 火村は諸星を撃ったのか?
  • 諸星は何処へ消えたのか?その生死は?
  • 火村は生還するまで、どこに身を潜めていたのか?

等々。
諸星も結局何がしたかったのか分からない。
シャングリラは鬼塚に託したようだけど・・・理想郷云々は何処へ行った?
ただ死にたかっただけなのか??

なんとも釈然としないラストでしたねぇ。

重大発表の中身は・・・

これだけ中途半端な終わり方をしたので、最終回の重大発表は、

続きは映画で!Coming Soon!

のパターンだと思っていたら・・・。

another storyをhuluで配信だとお!

火村とアリスの馴れ初め(まるで結婚したカップルみたいですが^^;)といえば、
カレーライスのエピソードじゃないですか~!
観たいけど・・・その為にhuluに会員登録するのはちょっと・・・。
残念だけど諦めます。ぐっすん

*****************************************

今までドラマ【臨床犯罪学者 火村英生の推理】のレビューをお読みいただき、
ありがとうございました。
よろしければぜひ、ご感想ご意見等お聞かせください。

■参考

臨床犯罪学者 火村英生の推理 | 日本テレビ
▲番組ホームページです。

▼原作本です。

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。バナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Comments 0

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

Leave a reply

INDEX (13)
このブログについて (4)
内田康夫 (99)
浅見光彦 (91)
岡部和雄 (3)
竹村岩男(信濃のコロンボ) (3)
愛川晶 (1)
相沢沙呼 (2)
酉乃初 (2)
蒼井上鷹 (1)
赤川次郎 (7)
三毛猫ホームズ (4)
三姉妹探偵団 (1)
芦辺拓 (1)
森江春策 (1)
我孫子武丸 (1)
速水三兄弟 (1)
天野頌子 (1)
陰陽屋シリーズ (1)
綾辻行人 (8)
島田潔(館シリーズ) (6)
有栖川有栖 (22)
火村英生(作家アリス) (18)
江神二郎(学生アリス) (3)
泡坂妻夫 (1)
伊坂幸太郎 (5)
石持浅海 (6)
碓氷優佳 (3)
座間味くんシリーズ (1)
乾くるみ (8)
カラット探偵事務所の事件簿 (1)
井上夢人 (2)
今邑彩 (4)
上田早夕里 (2)
パティシエシリーズ (2)
歌野晶午 (5)
信濃譲二(家シリーズ) (2)
大倉崇裕 (3)
福家警部補 (2)
大崎梢 (5)
成風堂シリーズ (3)
井辻智紀の業務日誌シリーズ (1)
太田忠司 (8)
狩野俊介 (2)
甘栗晃 (2)
朔夜一心(月読シリーズ) (1)
予告探偵 (1)
雪永鋼 (1)
大山淳子 (2)
猫弁シリーズ (2)
岡嶋二人 (5)
折原一 (4)
恩田陸 (9)
神原恵弥 (1)
あ行の作家 (8)
加納朋子 (9)
入江駒子 (3)
市村安梨沙(アリスシリーズ) (2)
ささらシリーズ (1)
神永学 (4)
確率捜査官御子柴岳人 (1)
貴志祐介 (3)
榎本径(防犯探偵) (3)
北村薫 (17)
円紫さんと私シリーズ (5)
新妻千秋(覆面作家) (3)
わたしのベッキーシリーズ (2)
時と人 (2)
北森鴻 (9)
工藤哲也(香菜里屋シリーズ) (3)
蓮丈那智 (3)
旗師・冬狐堂 (1)
北山猛邦 (6)
城シリーズ (2)
音野順 (1)
猫柳十一弦 (2)
霧舎巧 (1)
鯨統一郎 (7)
倉知淳 (2)
猫丸先輩 (1)
栗本薫 (7)
伊集院大介 (5)
黒田研二 (4)
ふたり探偵 (1)
近藤史恵 (7)
今泉文吾(歌舞伎シリーズ) (2)
キリコ (1)
ビストロ・パ・マルシリーズ (1)
七瀬久里子 (2)
か行の作家 (7)
坂木司 (5)
ひきこもり探偵 (1)
篠田真由美 (15)
桜井京介(建築探偵) (12)
蒼の物語 (3)
柴田よしき (8)
猫探偵正太郎 (4)
浅間寺竜之介 (2)
摩耶優麗 (1)
島田荘司 (2)
御手洗潔 (2)
朱川湊人 (2)
わくらばシリーズ (1)
さ行の作家 (8)
高木彬光 (3)
神津恭介 (3)
高里椎奈 (5)
深山木秋(薬屋探偵妖綺談) (5)
高田崇史 (7)
桑原崇(QEDシリーズ) (2)
鴨志田甲斐(カンナシリーズ) (2)
勧修寺文麿 (2)
田中啓文 (1)
笑酔亭梅寿謎解噺シリーズ (1)
田中芳樹 (1)
薬師寺涼子 (1)
柄刀一 (3)
三月宇佐見のお茶の会 (1)
南美希風 (1)
津原泰水 (1)
ルピナス探偵団 (1)
た行の作家 (5)
中山七里 (5)
岬洋介 (4)
七尾与史 (2)
ドS刑事シリーズ (1)
二階堂黎人 (2)
水乃サトル (2)
仁木悦子 (2)
仁木兄妹 (2)
西澤保彦 (14)
匠千暁(タック&タカチシリーズ) (4)
神麻嗣子(チョーモンインシリーズ) (3)
響季姉妹探偵 (1)
ぬいぐるみ警部 (1)
西村京太郎 (2)
名探偵シリーズ (1)
似鳥鶏 (3)
葉山くんシリーズ (3)
貫井徳郎 (3)
法月綸太郎 (5)
な行の作家 (4)
初野晴 (3)
東川篤哉 (5)
謎解きはディナーのあとで (2)
烏賊川市シリーズ (2)
東野圭吾 (43)
加賀恭一郎 (10)
湯川学(探偵ガリレオ) (8)
天下一大五郎 (1)
マスカレードシリーズ (1)
深水黎一郎 (1)
神泉寺瞬一郎(芸術探偵) (1)
は行の作家 (10)
松岡圭祐 (2)
紗崎玲奈(探偵の探偵) (1)
円居挽 (1)
シャーロック・ノートシリーズ (1)
麻耶雄嵩 (1)
貴族探偵 (1)
三上延 (2)
ビブリア古書堂シリーズ (2)
水生大海 (1)
羅針盤シリーズ (1)
道尾秀介 (3)
湊かなえ (2)
宮部みゆき (3)
捜査犬マサ (2)
森川智喜 (3)
三途川理 (3)
森博嗣 (36)
犀川創平(S&Mシリーズ) (10)
瀬在丸紅子(Vシリーズ) (10)
真賀田四季 (4)
海月及介(Gシリーズ) (1)
百年シリーズ (2)
水柿助教授(Mシリーズ) (1)
森谷明子 (3)
ま行の作家 (7)
山口雅也 (2)
垂里冴子 (2)
山田悠介 (1)
柚月裕子 (1)
佐方貞人 (1)
米澤穂信 (13)
折木奉太郎(古典部) (5)
小鳩常悟朗(小市民) (3)
紺屋S&Rシリーズ (1)
や行の作家 (5)
若竹七海 (1)
ら行・わ行の作家 (1)
アンソロジー (6)
共著・合作 (1)
ノベライズ (1)
相棒 (1)
海外ミステリ (48)
ジョン・ディクスン・カー (5)
エラリー・クイーン (4)
アガサ・クリスティ (5)
コナン・ドイル (4)
ミステリー副読本 (6)
日本古典文学関連 (3)
ドラマ (186)
浅見光彦(ドラマ) (30)
信濃のコロンボ (6)
相棒(ドラマ) (33)
名探偵ポワロ (9)
SHERLOCK(シャーロック) (2)
ライアーゲーム (9)
東野圭吾ミステリーズ (11)
加賀恭一郎(ドラマ) (2)
ガリレオ(ドラマ) (12)
神津恭介(ドラマ) (2)
すべてがFになる(ドラマ) (10)
臨床犯罪学者 火村英生の推理(ドラマ) (10)
謎解きはディナーのあとで(ドラマ) (6)
土曜ワイド劇場 (6)
コラボ商品 (3)
推理クイズ (37)
探偵Xからの挑戦状! (23)
超再現!ミステリー (13)
映画 (55)
読書まとめ (27)
テーマ読み (12)
ランキング (18)
ミステリィの小径 (7)
対談・インタビュー (2)
イベント情報 (2)
文庫フェア (10)
フィギュアスケート (120)
試合展望・結果 (84)
書籍・雑誌 (10)
氷上の魔術師(フィギュア百景) (24)
アニメ『ユーリ!!! on ICE』 (2)
その他 (31)