Love knot~ミステリ&フィギュア通信~

ミステリ小説・ドラマ・映画のレビューと、フィギュアスケートに関する話題について。ド素人なので初心者にも分かりやすく、楽しくを心掛けていきたいです。

Take a look at this
トップ > フィギュアスケート > 試合展望・結果 > 世界選手権まであと一週間!真の王者は誰に!?

世界選手権まであと一週間!真の王者は誰に!?

 25, 2016

羽生結弦 王者のメソッド 2008-2016 3月25日発売!
ばっちり予約してます

いよいよ世界選手権まであと1週間となりました。
男子シングルでは、今シーズン羽生結弦選手が300点を突破したのを皮切りに、
高得点をたたき出す選手が続出、
また複数種類の4回転ジャンプを演技に組み込むのがスタンダードになりつつあり、
一挙にステージが上がった感があります。
今シーズンの集大成となる世界選手権でもハイレベルな戦いが予想されます。

世界王者は誰になるのか、ちょっと探ってみましょう

◆3人の王者が揃い踏み

今年の大会では、パトリック・チャン選手、羽生結弦選手、ハビエル・フェルナンデス選手という
歴代世界王者が顔を揃えます。
実力、実績を考えると、優勝候補はこの3人に絞られるのではないかと思っています。
ただ、羽生選手、フェルナンデス選手は、チャン選手不在の中での優勝でしたので、
まさに今年、真の王者が決定する重要な戦いとなるでしょう。

◆今シーズンの実績では、やっぱり羽生選手!

ではここで、3選手のシーズンベストを見てみましょう。

 羽生結弦ハビエル・フェルナンデスパトリック・チャン
達成した試合GPファイナル欧州選手権四大陸選手権
SP110.95102.5486.22
FS219.48201.43(*1)203.99
合計330.43302.77290.21
(*1)フェルナンデス選手のFSの得点はGPファイナル時のもの

得点を見ると、羽生選手が他の選手を圧倒しているのが分かります。
もちろん、達成した試合はそれぞれ違いますので、単純比較は出来ないですが、
GPファイナルでは3選手揃った上で、羽生選手が優勝した訳ですから、アドバンテージは大きいですよね。
さらに羽生選手は、世界選手権で4回転ループを演技に組み込んでくることが予想されますので、
成功すれば、自身の持つ世界最高得点をさらに更新して、ダントツの優勝も十分にあり得ます。

◆しかし、ライバルたちも黙ってはいない

とはいえ、他の選手が指をくわえて黙って見ている訳ではないでしょう。

フェルナンデス選手は、欧州選手権では、
SPでサルコウとトウループの二つの4回転を入れる構成に変えてきています。
得点も数字の上では羽生選手に劣っているものの、
SPで100点越え、FSで200点越え、合計で300点越えと、着実に点数を伸ばしてきており、
ピッタリ後ろについてきている感じが、追われる立場としては脅威に感じることでしょう。

チャン選手は、四大陸選手権での圧巻の演技が記憶に新しいところ。
4回転はトウループ1種類(x2)だけで200点越えは驚異的です。
(3度の4回転を成功させたフェルナンデス選手よりFSの点数は上回っている!)
今シーズン、SPは不調のようですが、四大陸選手権で自信を付けて、
SPから飛ばしてくるようになると・・・これまた脅威です(^^;)

◆10代の若手も虎視眈々

さらに今シーズンシニアデビューを果たした、ボーヤン・ジン選手、宇野昌磨選手も
メダルを虎視眈々と狙っていると思います。

ボーヤン・ジン選手は、3種類の4回転ジャンプを演技に組み込んでおり、
特に4回転ルッツという高難度ジャンプは、彼の最大の武器になります。
ジャンプは安定してきているので、決まれば3人の王者を脅かす存在になるかもしれません。
但し、表現力に関してはまだまだの選手で、3人の王者は皆、直接対決で彼に勝っています。

宇野昌磨選手は、GPファイナルでは銅メダルを獲得し、一躍世界に名乗りを挙げましたが、
期待された四大陸選手権では4位に沈んでしまいました。
当然期するものがあるでしょうし、四大陸選手権のリベンジという気持ちもあるかと思います。
練習している4回転ループを演技に組み込んでくるかは分かりませんが、
豊かな表現力と合わせてジャンプが決まれば、3人の王者の中に割って入ってくることもあり得ます。

 

個人的には、ボストンでこの光景を再び観たいぞ。
表彰式

ゆづ、爆笑してますね(^^)
もうこの結婚式・・・もとい、表彰式サイコー!!
こんな笑顔の弾ける表彰式をもう一度観たいぞ(2回言ったw)

******************************************

えー、フィギュア記事、復活しました!(笑)
実は、一時期、別ブログを立ち上げて、こっそりフィギュア記事を書いておりました(^^;)
しかし重々分かっていたことなのですが、2つのブログを管理するのは大変で・・・。
このままでは2つとも中途半端になりかねない・・・と危機感を感じ、元の形に戻しました。
このブログで長年(かれこれ10年になります^^;)レビュー記事を書いておりますので、
これを強みにして、出来るだけ読むに堪えうる記事を書いていこうと思っています。
ま、時には戯言も書きますけど(笑)
別ブログでちまちま書いていた記事も順次移していく予定ですので、
お時間がありましたら、過去記事も見てやってください。
それでは改めまして、よろしくお願いいたします。

関連記事
スポンサーサイト

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして応援お願いいたします。
ブログランキング・にほんブログ村へ      blogramのブログランキング  

Tag:フィギュアスケート 世界選手権 羽生結弦 宇野昌磨

COMMENT 0

コメント&トラックバックに関する注意

コメントについて

他者を誹謗・中傷、宣伝目的、公序良俗に反する書き込みは固くお断りします。
そのような書き込みは管理人の判断で削除いたします。
また、作品を未読の方もご覧になりますので、ネタバレにはご注意ください!
くれぐれも犯人の名前やトリックなどを書き込まないように願います。
どうしてもネタバレの内容を語りたい方は、SECRET(管理者にだけ表示を許可)にチェックを入れて
ナイショのコメントにしてくださいね。

トラックバックについて

言及リンクのないトラックバックは受け付けません。
言及リンクとは、トラックバック元の記事(貴方が書いた記事です)に
当記事へのリンク及び当記事の紹介(または感想)が含まれているものを指します。
それ以外はトラックバックスパムと見なす場合があります。
トラックバックスパムと見なされた場合、予告なく削除することがあります。

なお、コメント・トラックバックともにスパム防止のため承認制を採らせていただいています。
記事に反映されるまで時間がかかることがありますが、しばらくお待ちくださいね(^^)
また、コメント・トラックバックのルールについては、
Love knot~ミステリ&フィギュア通信~の歩き方にも記載しておりますので、
合わせてご一読ください。

WHAT'S NEW?